常設の総合LGBTQセンター「プライドハウス東京レガシー」が、10月11日オープン

任意団体「プライドハウス東京」コンソーシアムが、日本で初めてとなる常設の大型総合LGBTQセンター「プライドハウス東京レガシー」を、国際カミングアウト・デーである10月11日にオープンする。

35の団体や専門家、14の企業、19の大使館、アスリートやスポーツ関係者などがセクターを超えて連携し、LGBTQに関する情報を発信。LGBTQが安心し、安全でいられる居場所を提供することを目的に立ち上げる施設だ。

オフライン・オンラインのイベント企画を実施する多目的スペースや相談支援をおこなう個別スペース、日本の「LGBTQコミュニティ・アーカイブ」を収めるライブラリーなどを保有。

LGBTQコミュニティ・タウンである新宿二丁目から徒歩圏内でありながら、新宿御苑や四谷区民ホールにも近く、誰でも気軽にアクセスしやすい立地となっている。

当初は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催された翌年、2021年以降での設立を目指していたというが、性的指向、性自認に気兼ねすることなく、安心してつながりをもてる場所が中長期化するコロナ禍にこそ必要であると判断し、計画の変更に至ったという。

なお、世界のプライドハウス史上、オリンピック・パラリンピックの公認のもとで実施されるのは、今回が初めて。3年間は助成金を活用しつつ、持続可能な運営体制も強化していくとのこと。

© NPO法人グッド・エイジング・エールズ
© NPO法人グッド・エイジング・エールズ
Top image: © iStock.com/nito100
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事