発売から、たった一週間で売り切れた「亀の子スポンジ」を知っていますか?

亀の子束子(たわし)」といえば、株式会社亀の子束子西尾商店が世に送り出した一大ヒット商品。「亀の子は他店の三倍持つ」と称されるその耐久性は、100年以上も愛され続けています。

あなたは、そんな同社の代名詞から、「亀の子」の名を受け継いだ新商品「亀の子スポンジ」を知っているでしょうか?

kame spo white_R

これは、新しくスポンジの「スタンダード」となるべく生まれたもの。2015年5月1日に販売を開始したところ、初回生産分は1週間で売り切れるほど大好評だったのだとか。

開発にはコラムニストの石黒智子氏が、パッケージデザインにはグラフィックデザイナー・アートディレクターとして活躍中の菊地敦己氏がそれぞれ参画。「スポンジに求められる機能」がシンプルに見極められ、商品化へと至りました。

image gry2_R 一見すると、ごく普通の四角いスポンジ。しかし、そこには並々ならぬこだわりが詰まっています。

①抗菌効果

AG+_R

実現したのは、銀イオンによる圧倒的な抗菌効果。6時間経過時点で、検出できないくらい菌の繁殖を抑えます。(※写真は塗布面が分かりやすいよう、別色で抗菌剤を塗布。製品はスポンジと同色にて塗布されています)

②使いやすい厚み

27mm_R

厚くすると腰が強くなりすぎ、薄いと頼りない。でも、27mmのこの厚みが、絶妙な握り心地へとつながっています。 さらに、不織布を貼付けていないので、柔らかく握りやすいという特徴も。

③水切れ・泡切れ=清潔・長持ち

cell_R

目を粗めにすることで水切れと泡切れが良くなり、スポンジが清潔で長持ちすることに。

image1_Rkame spo holder_R

価格は324円(税込)で、ホワイト・グレー・イエローの3色を展開。別売で専用ホルダーも販売中です。束子と並んで同社の新しい看板商品になる予感!?

Licensed material used with permission by 株式会社亀の子束子西尾商店

〈亀の子束子〉の「サトオさん」は、同メーカーのなかでもっとも繊維の柔らかなボディ用。さすったり、軽くたたくイメージで、バスタイムのマッサージに!
たった15ドル(約1,600円)。それだけで、退屈な日々のルーティーンワークがちょっとだけ楽しめるようになる。その理由に関しては、文章で説明するまでもなく...
鶴は千年、亀は万年…ことわざにもあるように、日本では昔から亀は縁起の良い生き物とされてきました。そんな亀が夢の中に現れたら、一体どんなメッセージがあるので...
手作りケーキを作るとき、もっとも苦戦するのが「スポンジ」です。焦げてしまったり、うまく膨らまなかったりと、泣く泣く諦めてしまった経験が一度くらいはあるはず...
着ているだけで海をキレイにしてくれる。そんな魔法のようなビキニが、米で話題が沸騰中!海のゴミを集めてくれる地球に優しいビキニこのセクシーなビキニ「スポンジ...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。美人で連絡もマメにとるのに、大好きな人と結ばれない...
種の壁を乗り越えて仲良くしている生き物を見ていると、ほっこり温かい気持ちになる。こちらの二匹もしかり。犬の名前はプカ。アメリカンブルドックとボクサーのミッ...
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
超限定生産の「シャビーなiphoneケース」。立体的な錆の具合など、アメカジ、軍モノなどのキーワードが好物の人にはたまらない仕上がりです。
「2日間、排気口の中から子ネコのような鳴き声が聞こえる」そう思ったレストラン従業員は、NPO団体、Animal Aid Unlimited Indiaに助...
ずっと探していた宝物と出会ったような感覚?なんて言ったらすこし大げさかもしれませんが、欲しかったものをようやく手に入れて、家に連れて帰ってきたときの、あの...
世界にはパンが好き過ぎて、偏愛を通り越し、パンへの変わった「愛情表現」を続けている人がいる。その名も「Bread Face」。パンに顔を乗せる動画をIns...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
確率5,500万分の1。この数字、一体なにを示したものかわかりますか?実は「五つ子の妊娠確率」なのですが、このたびそんな“生命の奇跡”を経験したのは、オー...
この子たちに、勝てる気しない。たぶん、ぜったい、一生。
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったもので、...