ついに、亀の子束子から「洗剤」が出た!

明治40年の創業以来、品質にこだわり日本を磨き続ける「亀の子束子西尾商店」

従来の束子(たわし)のほかに、スポンジやベーグルのような白いたわしボディケア用のたわしなど多くのプロダクトを世に送り出しており、そのデザイン性の高さに注目が集まっている。

このたび、そんな亀の子束子西尾商店から、ついに「洗剤」が発売された!

新製品「亀の子ウォッシュ」は、「アルコール」「パラベン」「サルフェート系界面活性剤」を使わず、手肌と環境への優しさを考慮してつくられた台所用合成洗剤。シトラスの香り成分には天然精油だけを使用しているため、自然な香りがさっと立ち上がり、すっと消えるのだという。

できるだけシンプルに、できるだけナチュラルに。「自分たちが本当に使いたいと思う洗剤を」という願いから生まれた亀の子ウォッシュは、強い洗浄力だけを追い求めるのではなく、足るを知り長く使い続けられる洗剤だ。

シトラス無香料の2種類で、価格はどちらも770円(税込)。購入はこちらから!

© 株式会社亀の子束子西尾商店
Top image: © 株式会社亀の子束子西尾商店
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
こんにちは。アメリカ・テキサス州に住んでいるMegumiです。今回はちょっと変わった食器用洗剤を買ったお話をさせてください。
将来こうした濃縮洗剤が一般的になり、孫世代やひ孫世代が液体洗剤がたくさん売られているドラッグストアの話を聞いてびっくりするような時代がくるかもしれませんね。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
牛の町から届くミルク缶です。実用的です。なぜならプロ仕様の洗濯洗剤が入っているから。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...