「亀の子たわし」でカラダを洗う。

むし暑いこの時期は、お風呂に入るのが日常の楽しみのひとつ。とすれば、バスグッズにはちょっとこだわりたいところ。

そこで、たわしです。

カラダを洗う道具としては、タオル、スポンジ、ブラシというのが一般的だと思いますが、なかなかたわしもいいもんです。

オススメは〈亀の子束子〉の「サトオさん」。

同メーカーには、この「サトオさん」以外にも「タムラさん」「ナリタくん」「ニシオくん」といったボディ用たわしがラインナップされているんですが、いかんせんタオルやスポンジに慣れたカラダにはちょっぴり刺激が強め。初心者は、もっとも繊維の柔らかな「サトオさん」から入るのがいいでしょう。

使用の際は、さすったり、軽くたたくイメージで。

じつは、タオルやスポンジとの違いはここにあります。こすって汚れを落とすボディウォッシュというよりも、マッサージの意味合いが強いんですね。血行促進や新陳代謝アップなど、健康法のひとつとして使うっていう人も多いようです。

実際、慣れてくると相当気持ちいいです。 

最後に、たわしを使用する前にやっておきたいことをひとつだけ。

それは家族に“これはボディ用だ”としっかり伝えること。怠ると、掃除用具としての認知度の高さゆえ、知らないうちに浴槽をゴシゴシされちゃう危険があります。

公式オンラインショップで購入可能です。

C4f248a6b7e71f8d5110dcb1c77f68ee412da34d3d8404646425a378d074ceae460dacbd6935a3d2

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

「亀の子束子(たわし)」といえば、株式会社亀の子束子西尾商店が世に送り出した一大ヒット商品。「亀の子は他店の三倍持つ」と称されるその耐久性は、100年以上...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
たった15ドル(約1,600円)。それだけで、退屈な日々のルーティーンワークがちょっとだけ楽しめるようになる。その理由に関しては、文章で説明するまでもなく...
鶴は千年、亀は万年…ことわざにもあるように、日本では昔から亀は縁起の良い生き物とされてきました。そんな亀が夢の中に現れたら、一体どんなメッセージがあるので...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
たぶん、史上最高のバスタイム。
この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
どこにでも持ち運べるし、4人まで入浴可能。お風呂を持ち運ぶって、できそうでできませんでした。持って行ったってお湯が沸かせないものですから。でも、これなら問...
この「L.L.Beanのタオル」、隠れファンが多いみたいです。昨年、一度記事で紹介したところ、“オレも好き”、“私も使ってる”という声が多数。
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。美人で連絡もマメにとるのに、大好きな人と結ばれない...
〈GORDON MILLER(ゴードンミラー)〉のペーパータオルです。オートバックスが手がけるブランドだけあって、自動車や自転車などのメンテンスなど、いわ...
〈BETONES(ビトーンズ)〉の新作「CRASH」シリーズは、発色の良いカラーはそのままに、ブランドロゴまでをワントーンで統一。ビビッドでありながら主張...
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
「Elite Daily」のLily Rouffさんが提唱する、彼との関係が「本当の愛」か「カラダだけの付き合い」を見極める6つのチェックポイント。
春夏に向けて、ちょい派手な時計が欲しかったので2本購入。選んだのはレッド&ホワイトとイエロー&ブラックのモデル。前者は完全にファミコンカラーだと思ってる。
Pink Bitsの描くの、世の中でいわれる「美しいカラダ」の女性たちではないのかもしれない。でも、本当の美しさは見た目じゃないし、誰かに決めてもらうもの...
遠目に見ると、海外企業のロゴがプリントされているように見えるハンカチ。でも、近くでみると、鯉のぼり。しかも時々金太郎が上に乗ってます。この錯覚を起こす柄が...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。