隠れファンの多い「L.L.Beanのタオル」。

自分のなかでタオルといえば〈L.L.Bean〉です。

アウトドアブランドとして知られていますが、このブランドはホームカテゴリーにも注目。ベッドシーツやラグなど、シンプルで上質なものが揃ってます。

そのなかでもタオルです。

素材や柄のバリエーションも豊富。いずれもフワフワ系というよりも、しっかり系です。柔らかさはありつつ、肉厚で洗ってもヘタらない。デイリーに使い倒すなら絶対コレです。間違いありません。

余談ですが、じつはこの「L.L.Beanのタオル」、隠れファンが多いみたいです。昨年、一度記事で紹介したところ、“オレも好き”、“私も使ってる”という声が多数。

もはや定番なのか???

まだこのタオルの良さを体験していない人は、是非!

59934484190986244930124440928256

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

隠れたベストセラー〈L.L.Bean〉のタオル。肉厚でしっかりとした生地感は、ふわふわとかふっくらとはちょっと違う魅力があります。例えるなら、高級ホテルや...
〈L.L.Bean〉の「グローサリー・トート」。お値段は税抜1,900円と同ブランドのトートの中でもっとも安価。他のモデルよりも薄手のキャンパス地で自立は...
〈L.L.Bean〉の「ライトウェイト・パッカブル・ダッフル」は、名前の通り容量44Lで約170g。かなり軽いです。しかも、パッカブル仕様。旅先でのサブバ...
「ブレイド・ウール・ラグ」は、ウールの質感と同心円状に編み込まれたデザインが、フローリングに合います。映画で観たことある、あの感じ。アメリカンヴィンテージ...
〈Acteon(アクティオン)〉は、吸水速乾、抗菌という特徴を持つ高機能タオル。とくに速乾のスピードには驚きです。濡れた部分を観ているうちにどんどん乾いて...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
「The Adjustable Bag(アジャスタブルバッグ)」は3つのサイズに変形できるようになっています。31L、46.5L、62L。デイリーユース、...
「Otta(オッタ)」は通常のハンカチタオルをハーフサイズに。さらにセンターに折り目をつけることで、よりコンパクトに折りたためるタオル。スラックスのポケッ...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
この足元用セラミックファンヒーターはまさにペンギン村にありそうなマシンです。イエローのボックスフォルムが最高!
初めてこのビジュアルを見た瞬間、思わず声が出てしまいました。「何コレ?」と。肩掛けタオル?でもなぜか絶妙に、胸がカバーされているし…。と思って調べたら、何...
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
「DewGood」を電源につなぎ、屋外に放置しておくだけで、1日に最大10ガロン(約40L)の水を作り出してくれるそう。仕組みは空気中の水蒸気を冷やすこと...
〈Penco(ペンコ)〉の「ストレージコンテナー」です。デスク上の細々したものを収納するためのストレージ、いろいろありますが、コイツはとにかく安くて、かわ...
カタチとしてはとくに珍しくなくって、同じようなモノは結構ある。ただ、なぜか派手な柄が多いのだ、このフーデッドタオルってやつは。
〈nutrovape(ニュートロベイプ)〉の「ENERGY STICK(エナジースティック)」は、カフェイン、L-テアニン、ビタミンB12を同時にチャージ...
〈THE WET TOWEL〉は、ティッシュじゃなくてタオル。それだけ厚みがあります。三層構造でやぶれにくい。一度使って、水洗いして絞ってもう1〜2回布巾...
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
画鋲がそのままフックになった「フック画鋲」。似たような便利グッズはいくらでもありますが、〈中川政七商店〉のものがベストだと思っています。まずフック部分が小...