L.L.Bean「1,900円のトートバッグ」。

〈L.L.Bean〉と言えばトートバッグ。シーズンモデルも合わせると、かなりバリエーションがあります。

いくつか持っていますが、もっとも使用頻度が高いのがこの「グローサリー・トート」だったりします。

お値段は税抜1,900円と同ブランドのトートの中でもっとも安価。他のモデルよりも薄手のキャンバス地は、クタッとした素材感で自立はしません。

そこがいいんです。

畳んでメインバッグに入れておけるし、汚れても洗濯機に放り込めます(メーカー推奨は部分洗いです)。

結構マチがあるので、収納力も高いです。グローサリー、洗濯物、キャンプグッズ、お弁当、自分はロケの時に細々したモノを入れることも。カジュアルに使い倒せるので、自然と登板機会が多くなります。

公式オンラインショップで購入可能です。 

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

他の記事を見る
隠れたベストセラー〈L.L.Bean〉のタオル。肉厚でしっかりとした生地感は、ふわふわとかふっくらとはちょっと違う魅力があります。例えるなら、高級ホテルや...
〈L.L.Bean〉の「ライトウェイト・パッカブル・ダッフル」は、名前の通り容量44Lで約170g。かなり軽いです。しかも、パッカブル仕様。旅先でのサブバ...
この「L.L.Beanのタオル」、隠れファンが多いみたいです。昨年、一度記事で紹介したところ、“オレも好き”、“私も使ってる”という声が多数。
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
様々なタフな現場で鍛え抜かれた高機能な「家電」を厳選してご紹介! 「京セラ」「HiKOKI」「マキタ」など注目メーカーのギア&アイテムが満載です。
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
アメリカ製の滑車式グリルが日本初上陸薪火で香ばしく焼き上げる恵比寿のダイニングバーL'IGNIS〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目27-1htt...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「ブレイド・ウール・ラグ」は、ウールの質感と同心円状に編み込まれたデザインが、フローリングに合います。映画で観たことある、あの感じ。アメリカンヴィンテージ...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
「The Adjustable Bag(アジャスタブルバッグ)」は3つのサイズに変形できるようになっています。31L、46.5L、62L。デイリーユース、...
〈ateliers PENELOPE(アトリエ ペネロープ)〉の「#9 Boxy」です。ファスナー付きポケット、2分割されたポケット、両脇にペットボトルサ...
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
「BAILER」の新色は、ジャーマンミリタリーを彷彿とさせるカーキ。以前からネイビー&グレーもいい色でしたが、“どうして初めからこの色を出さなかったんだ!...
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
「DewGood」を電源につなぎ、屋外に放置しておくだけで、1日に最大10ガロン(約40L)の水を作り出してくれるそう。仕組みは空気中の水蒸気を冷やすこと...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
私がディレクションを担当している〈3SUN(サン)〉から発売しているバッグ、「BAILER(ベイラー)」というシリーズです。自分でも50Lのネイビーと25...
ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。
モチーフとなっているのはアメリカ軍の医療機関で使われていたバッグ。ワックスコットンの素材感と合わせて、巾着型なのに男性的な魅力があるところがお気に入り。デ...