新発想。水に溶かす「玉」シャンプー

小学生のとき、「歯磨き粉」がなんで"粉"といわれるのか、その理由を聞いてすこしびっくりしたことをいまでも覚えています。

いまやドラッグストアへ行けば、洗剤コーナーもほとんど液体。
少し前は顆粒タイプばかりだったのに、日々技術の進化を感じますよね。

でもこの"液体であること"に疑問をもった人がいます。
それは、オランダのデザインアカデミー生だったMirjam de Bruijnさん。

彼女がつくったものが、これ。

水に溶かす
タブレット洗剤

5337930881040384
© 2017 Mirjam de Bruijn
5810326280863744
© 2017 Mirjam de Bruijn
5409735218036736
© 2017 Mirjam de Bruijn
6122671603449856
© 2017 Mirjam de Bruijn

彼女はあるとき、ここ10年ほどで衣類用洗剤のサイズがどんどん小さくなっていることに気づき、リサーチをはじめたところ、ほとんどの家庭用洗剤において、約80%が水でできていることを発見。そして生みだしたのが濃縮洗剤「Twenty」です。ご覧のとおり、水に溶かして使うタイプ。

いまや日本では詰め替え用が一般的なように、Twentyも専用ボトルに入れるため、環境にやさしい。かつリサイクルされた段ボール紙で包装するため、プラスチック廃棄物や不要なCO2排出量を大幅に削減できるといいます。しかし、それだけじゃないとMirjam de Bruijnさん。

Imagine how much we can safe if we wouldn't transport water. 1 Airplane instead of 5, 80% less CO2 emissions.
(水を輸送しなければどれくらい安全になるか想像してみて。5機必要な飛行機が1機で済み、CO2排出量が80%も抑えられるの。)

6463830787883008
© 2017 Mirjam de Bruijn
6506697514287104
© 2017 Mirjam de Bruijn

水を輸送することで軽減されるCO2排出量なんて、これまで考えたこともなかったですが、いわれてみれば確かにそう。納品にかかるコストの軽減にもつながります。

実はこれ、彼女の卒業制作プロジェクトのため、市販はされていません。ですが、HEMA design datenにて賞を受賞。商品化に向けて動き出しているようです。

将来こうした濃縮洗剤が一般的になり、孫世代やひ孫世代が液体洗剤がたくさん売られているドラッグストアの話を聞いてびっくりするような時代がくるかもしれませんね。

5032253763616768
© 2017 Mirjam de Bruijn
Top photo: © 2017 Mirjam de Bruijn
Licensed material used with permission by Mirjam de Bruijn
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
そんな光の波紋をずっと見ていたい。という気持ちに応えるルームライト。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
ムクロジという木の実の外皮(殻)を乾かし水につけると、プクプク石鹸のように泡が立つ。この特性を利用した天然の洗濯用洗剤が、オランダやベルギーを中心にエシカ...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
日常は楽しくするのは意外と簡単。たとえば、今回『モノの見分け方事典』から紹介する7つのコトの見分け方を知っているだけでも、今以上に充実した生活が過ごせるの...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
洋服に付着、繁殖したバクテリアを99.98%も殺菌してくれる洗濯ガジェット。必要になる時間は20分程度とのこと。
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
London’s Royal College of Artの学生、「Simin Qiu」さんがデザインした「水道」のアイデアが美しくてとても機能的!こんな...