廃棄率0%を実現。石けんで作った「シャンプーボトル」

「未来をデザインする」をコンセプトに革新的で持続可能なエコプロダクトを表彰する「Green Product Award 2019」に選出された「SOAPBOTTLE」。コペルニクス的転回でデザインされたこのプロダクトは、とにかくムダがなく環境にやさしい。

あれこれ説明するよりも、下図を見れば、このアイテムの言わんとしていることが伝わるはずなので、ぜひピンチアウトしてほしい。

©2018 Jonna Breitenhuber

シャンプーやコンディショナーといったリキッドタイプの洗髪剤を入れるパッケージを丸ごと石けんで作ってしまうという発想。

昨年、ベルリン芸術大学を卒業したばかりのプロダクトデザイナーJonna Breitenhuberのアイデアは、いたって単純明快なもの。

石けんが薄くなり穴が空いたら……? ハンドソープとして使うか、あるいは細かく削って液体石けんという手もある。

ユーザビリティに適ったものではないかもしれない。詰め替え用パウチを買ったほうがコスパはいいはず。それでも、選択肢としてSOAPBOTTLEを手にする人は、今の時代には少なくないはず。

利便性やコスパよりも環境への配慮を──。21世紀の消費トレンドを象徴する発想とデザインのSOAPBOTTLEに市場がどう反応するか興味深いところだ。

©2018 Jonna Breitenhuber
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
再生可能な自然素材を用いて作られた「機内食用トレイ」。サステイナブルの波が空の旅を変えようとしている。
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。
たぶん、史上最高のバスタイム。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
スニーカー好きにとって、絶対にこだわりたいのがスニーカーケア。おさらいの意味も込めて紹介したいのが「Sneaker LAB」のシューケア用品です。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
将来こうした濃縮洗剤が一般的になり、孫世代やひ孫世代が液体洗剤がたくさん売られているドラッグストアの話を聞いてびっくりするような時代がくるかもしれませんね。
野菜などのパッケージでありながら、そのまま食べることもできる「SCOBY」。口にしても害がないだけなので、オススメはされていませんが……。とにもかくにも、...
写真の男性。「なぜ、お風呂でハットをかぶっているの?」と疑問に思いますよね。実は彼、まったく新しい発想の「スカルプケア」の真っ最中なんです!男性の頭皮ケア...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。