ブリーチユーザーのことだけ考えた結果、シャンプーはこうなった

ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび、どんどん色が褪せていき(これを退色というらしい)、挙げ句の果てには、安っぽいあの黄身がかった金髪に。

これがブリーチユーザーの宿命…とあきらめ半分だった人にこそ、おすすめしたいのが「CALATAS SHAMPOO」だ。

スタイリストたちが本気で考えた
ブリーチユーザーの「いい色落ち」感

86d6598fb727c22a0ebca91d64429e784eb2ba6a9592df10afb37bd93fc37d37e9e5be7cf0b7b72f

カラーリングした髪色を補色効果(反対の色を入れ強調させる)によって持続させる、いわゆる“ムラシャン”をはじめとする、ブリーチ&カラー髪専用のカラーシャンプーは、これまでにもあるにはあった。

目的は、色味をできるだけ持続させること。それがカラーシャンプーに求められるもので、この一点特化型のものがほとんど。

ところが、CALATAS SHAMPOOはそれだけじゃない。日本人の髪質に合わせて、トップスタイリストやヘアカラーリストらと共同開発した、メイド・イン・ニッポンのカラーシャンプー、そのメリットがこちら。

カラーニュアンスをキープしながら、
色落ち具合まで楽しめる

8c85bba33d18a31ee5a81cc5374537dbe1798a06

染めたてカラーを持続させるのは当たり前、さらにそこから好みに合わせた色落ちまで演出してくれるのがこのシャンプーの特徴。もちろん、あの“黄ばみ”も抑えつつね。

ブリーチしてアッシュカラー、をもう3年続けている僕が使っているのは、3種展開しているうちの「Sv(シルバー)」。これはアッシュ系やシルバーグレー系の髪色向け。

髪質の違いや、ブリーチ回数にもよるけれど、これまでのように退色が突然やってくる訳ではなく、カーブがゆるやかで、その段階ごとに色落ちの変化が楽しめている。これって、従来にはなかった感覚じゃない?

ブリーチ髪特有のゴワゴワ感がない!

こちらは使い始めてすぐに実感したことだけど、ブリーチで傷んだ髪のゴワゴワ感がいつもほどに感じられないこと。

じつはこれがもうひとつの特徴。天然植物性成分や、保湿成分を配合してパサつく髪がしっとり保湿するよう、ブリーチユーザーにやさしい処方に仕上げてある、らしい。

なんでも、はやりの保湿成分「フルボ酸」というのが、頭皮を保湿しながら髪にうるおいも与える、いま美容業界注目の植物成分だそう。その効果なのか、たしかに洗い上がりはブリーチヘアとは思えない手触りに驚いてしまう。

ビビッドなシャンプー液&
マテリアル感が逆に刺激的

26e75c5b2630ef4da0621c96ddd2b72ead9ce54c

さて、これはもう手のひらに垂らしてみたいことには分からないことだけど、「Sv」は、イカスミのパスタかと思うほどに真っ黒!それでいて泡立てながら頭を洗っていくと白い泡になるから不思議。ちなみに、この泡のまま5分くらい泡パックしてから流すことで定着する。

カッパーとかマルサラとか、赤系カラーを入れている人向けの「Pr(ピンク)」は、もっと強烈。まさしくアクリル絵の具のあのショッキングピンクそのもの。

オーガニック系のシャンプーを使っている人からは、ちょっと想像がつかないレベルかもね。まあ、こちらは色落ちを防いでカラーニュアンスを長く楽しむことが目的の製品だから。

6ad916c08fa4455b277ce28f642deab64dbd4c4d

カラーニュアンスに合わせたシャンプーは「Pr(パープル)」「Pk(ピンク)」「Sv(シルバー)」の全3種。各2,138円(税込)。

そうそう、パッケージデザインもかなりチャレンジングで刺激的。ナチュラル志向をいっさい振り切って、光沢感や透明ボトルでビビッドなシャンプー液の色を強調している。ともするとケミカルライクともとられないイメージを、あえて全面に主張したデザインが逆に際立っていて、めちゃくちゃ新鮮。

もちろんユニセックスな商品だけど、ヘアケアってどこかで女性ものを選ばされている印象が強かった。でもこのマテリアル感は、男性ユーザー視点で普通にササったけどな。

12月にリリースされたばかりで、一部のサロンではすでに取り扱いが始まっているようだけど、公式サイトからも購入可能。ブリーチユーザーとして、こういうアイテムを待っていた。

Licensed material used with permission by CALATAS SHAMPOO
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
大ヒットの可能性を秘めているヘアピンがあります。発売未定ですが、すでに日本のみならず海外からも問い合わせが殺到中。ただし、単なるファッションアイテムではあ...
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
その独特のカラフルさで夢中になる人が続出した、海外限定の「ユニコーンフラペチーノ」。数日間だけのメニューだったのにも関わらず、爆発的な人気だったのだとか。...
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
お母さんのヘアカラーを間近で見ているせいか、自分も「ピンク色の髪に染めたい」と、前から言っていたおませな2歳のFelicityちゃん。念願叶って、お母さん...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
最近、世界的にも増えている「ヒゲ男子」。男らしさだけではなく、ナチュラルなライフスタイルの象徴として捉えられることも多くなってきました。となると、もちろん...
ひょっとしたらニーズがあるかもな、くらいなアイテムを紹介するときの方が、書き手としては案外気がラク。もともと見向きもしないような人たちに、仮に届いたとした...
日常は楽しくするのは意外と簡単。たとえば、今回『モノの見分け方事典』から紹介する7つのコトの見分け方を知っているだけでも、今以上に充実した生活が過ごせるの...