毎日「シャンプー」するのはまさかの、、、日本だけ!世界各国のシャワー事情を調べてみた・・・

1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。

そんな疑問に答えるために、大手市場調査会社のEuromonitorが、世界16カ国のシャワー事情を調べてグラフにしたのが下図である。

縦軸は毎週のシャンプー回数、横軸は毎週のシャワー回数となっている。そして縦横のオレンジ線が、それぞれの世界平均値となる。

日本は世界標準から、
外れてる・・・?

グラフからまず読み取れるのは、大半の国が毎週シャンプー2~4回、シャワー5〜7回のエリアに固まっている。「シャワーをほぼ毎日浴びて、2日に1回ほど髪を洗う」ということになる。オレンジ線を見て分かるように、世界平均値もほぼそのあたりに落ち着いている。

平均エリアに混在する国の中で、日本は例外とも言えるようだ。グラフを見ると、日本人のシャンプーとシャワーの回数は毎週4〜5回でほぼ同じ。つまりシャワー(風呂)を浴びるたびに髪を洗っていることになる。たしかに日本人で風呂に入っても髪を洗わないという人はあまり聞かない。

一方でその対極と言えるのが、オーストラリア。シャワー回数は約8回と全体で3位に位置するにも関わらず、シャンプーの回数はわずか3回程度だ。

キレイ好き No.1 は、
なんと「ブラジル」!

ブラジル人とコロンビア人は週に10回~12回近くシャワーを浴びており、メキシコ人はシャンプーの比率を高い。

もちろん気候の原因もあるだろうが、南米地方にはシャワーをたくさん浴びることを良しとする(または浴びないことを悪しきする)文化的土壌があるのかもしれない。

世界のシャワー事情を
まとめると・・・

1. 世界の人々を平均すると、ほぼ毎日シャワー浴びて、2日に1度、シャンプーで髪を洗う。

2. 日本人はシャワー(風呂)に入るたびに髪の毛を洗うが、これは世界的トレンドではない。

3. 中南米の人々は、シャワー好きが多い。

なお、髪の毛やカラダの洗いすぎは、頭皮や皮膚を傷めることになるという研究も発表されている。

日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
ひょっとしたらニーズがあるかもな、くらいなアイテムを紹介するときの方が、書き手としては案外気がラク。もともと見向きもしないような人たちに、仮に届いたとした...
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
食事の作法には育ちが表れる。とは、よく聞く話。ところが、「LittleThings.com」ライターPhil Mutz氏によれば、シャワーでの癖や仕草こそ...
将来こうした濃縮洗剤が一般的になり、孫世代やひ孫世代が液体洗剤がたくさん売られているドラッグストアの話を聞いてびっくりするような時代がくるかもしれませんね。
いっぱいかいた汗を流してサッパリ、体もポカポカと温まる。この時期のシャワーって気持ちがいいですよね。もちろん熱いシャワーもいいのですが、とくに冷水をオスス...
〈is-ness(イズネス)〉のサンダルは、ハイブランドのスラックスにもマッチするデザイン。さり気なくイタリア製というのもポイントです。
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...