アロマのシャワーにトリップ寸前「生春巻き」

インドシナ半島各国(タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア)で好んで食される「生春巻き」ですが、ルーツはベトナム料理。ライスペーパーにエビや豚肉、ビーフンなんかを野菜とたっぷりのフレッシュハーブとともにくるっと巻く、そこは大体同じ。

ですが、それぞれの国ごとにちょっとずつ異なる特長があるんですよね。例えばカンボジア。シラチャーソースやスイートチリだけに頼らず、もうちょっと甘酸っぱいソースでいただく。では、ソースだけが違うのかといえばそうじゃない。ハーブ(クメール語で「チー」)に差あり。僕はこっちの方が大きいんじゃないかと思ってます。

トリップしそうな
香草の力強さ

© iStock.com/irman

パクチーにしても、ホーリーバジルにしても、レモングラスだってそう、東南アジア最大の湖トンレサップの恵みを受け、肥沃な土地で育ったカンボジアのハーブは、香りも味もとにかく力強い。
指先で少しちぎっただけで、エッセンシャルオイルのフタを開け放ったかのような芳香が飛び散ります。

そんな香草が入った生春巻きを、粘膜に絡みつくほどの湿気のなかで食せば、パンチある薬草系の香りが鼻腔を突き抜け、全身スッキリさせてくれる。口内だけでなく、胃袋を通過して腸内までリフレッシュしてしまう清涼&爽快感。これだけはもう、現地を訪れなければ絶対に味わえない。

ハーブばしばしの生春巻きでトリップしたのは、アンコール・ワット散策の拠点となるシェムリアップの西に位置する街、バッタンバンでのこと。いたんですよ、生春巻きの中にソイツが。

この味、この香り、
間違いなくドクダミ!

© iStock.com/paylessimages

これはもう疑う余地なし。だってアノ匂いですから。でも、カンボジアの人たちにしてみれば、それは必然。ドクダミは食用ハーブのひとつで、毎日のように彼らの食卓にあがる食材なのです。

陰湿なイメージを持つのは日本人だから。郷に入っては郷に従えです。口にするとバジル、ミント、パクチーなど、他の香草類と混然一体となり、野暮ったくもデリカシーのあるアロマが口中で炸裂。す、すごい……。そして、あの独特の匂いがむしろ調和を生んでいるじゃないか!

以後、生春巻きを自作する際は、決まってドクダミを入れています。大丈夫、もともと「毒消し」として効果もある薬草ですから。ただしよーく洗って。リアルな生春巻きを口にすれば、おのずと口角があがり、このクメール語をスムーズに発せられるはず。「チュガーンニュ!(うまい)」とね。

再現料理:カンボジア版生春巻き
再現食材:どくだみ
再現度:★★★★☆

Top image: © iStock.com/The Jeabster, 2018 TABI LABO
アジアの「ソウルフード」を食べ尽くせ!
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
生春巻き、揚げ春巻きを体験してはいても、「蒸し」があることを知っている人は意外に少ないんですよね。第3の春巻き「バンクォン」は、ぷるぷるの皮が持ち味。本来...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
パン作りは発酵が手間、というイメージがあるかもしれません。そこで「春巻きの皮」を代用して、面倒な発酵作業を一切省いたベーコンエピのつくり方を紹介します。あ...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
生春巻きをつくると、どうしても数枚余ってしまうライスペーパー。保存が効かないこともないのですが、あまり頻繁につかう食材でもないだけに…。という人にこそ、こ...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
北アフリカ・チュニジアの代表的な料理に「ブリック」というものがあります。これは、好みの具材を小麦粉の皮で包み、パリパリに揚げた大きな揚げ餃子のようなもの。...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
最終章のブルーレイ&DVDリリースを記念して「ゲーム・オブ・スローンズ展」が12月13日~25日の13日間「渋谷ロフト」で開催。
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt Thrower』です。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
濃い味付けの多いインドネシア料理において、とにかく胃にやさしいバリ島の「ガドガド」について。