9月は生落花生の季節!「殻ごと塩茹で」がビールのおつまみに最高です。

この時期、居酒屋のお通しで出ることもある「生落花生の塩茹で」。落花生(ピーナッツ)と聞けば乾いているイメージだけれど、新鮮な生のものを殻ごと塩で茹でると、ほやほやにふやけて柔らかくなります。

殻が指で簡単に破けて、豆の食感が濃厚。香りもよく、ほのかな甘みと塩っけがビールに最高に合います。つくりかたは名前のとおり簡単。

目安としては、生落花生1キロに対し、水1リットル、塩大さじ4杯(約60グラム)ほど入れて、好みに合わせて30〜40分くらい茹でるだけ。やけどしないように注意し、水をかけてひとつ食べてみましょう。食感が確かめられるので、固い場合はもう少し。

新鮮な生の落花生が手に入るのは8月末〜9月頃までと言われています。ネットで注文できるお店もあるのでチェックしてみて。鮮度が大切なので、届いたらその日のうちに調理しましょう。

真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
シーズン問わず、コスパのいいおかず「塩サバ」ですが、いつも焼くだけではワンパターン。そこで、こんなおつまみはいかがでしょう。
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
ビールのおつまみの定番といえば、枝豆。とくに夏は食べる機会も増えますよね。茹でて塩を振るだけでもおいしいですが、ひと手間加えるだけで絶品おつまみに変身する...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
より白くきれいに茹で上がり、見た目からもおいしそうになるそうですよ。
究極のかんたん料理。「えっこれだけ?」というシンプル手順だけど、じゃがいもの素材感を満喫できますよ。上質なオリーブ油と塩だけで十分旨い!<材料>じゃがいも...
一年中売り場に並んでいるイメージのブロッコリーですが、冬場が最旬期。味も濃く、茹でたてはまるでお芋のようなホクホク感を楽しむことができます。そんな旬のブロ...
日本でも水餃子は人気ですが、ポーランド人の餃子スタイルは、私たちの知るソレよりも、ビールが進んでしまいます。
アドリア海の伝統的な「塩作り」を疑似体験できる「SAL⊥」。
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
ビールのおつまみに枝豆。この組み合わせ、何のギモンもないはずです。では、どうして最強コンビが生まれたんでしょう?
「スケートと落花生へのアプローチは一緒」? 九十九里のスケーターたちが始めた『HAPPY NUTS DAY』に迫る。
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
脳内麻薬が炸裂しそうなカンボジアの「生春巻き」について。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
世界一のおつまみは高額でした。スウェーデンのビールメーカーがコスト度外視で作った超贅沢ポテチは高価だけれどその分味わいもピカイチ。包装も高級感たっぷり。特...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。