スペインの漁師町からとっておきのタコの食べ方を紹介します

イベリア半島の北西部に位置するガリシア地方。豊富な魚介類をシンプルに味わうならば、この地域に勝る場所はありません。

今ではスペインのどこにいっても食べることができるほど有名になった、バルの定番「タコのガリシア風」も、当然この土地から生まれた味。

茹でたタコにスパイスと、オリーブオイルをかけるだけ。

シンプルなほどおいしい
「タコのガリシア風」

<材料>

・たこ(ぶつ切り):100g
・じゃがいも(皮をむいて):1個
・にんにく:1片
・オリーブオイル:大さじ1
・塩:適量
・パプリカパウダー:適量 

<作り方>

耐熱皿に輪切りにしたじゃがいも(7mmくらい)をのせて、600Wのレンジで3〜4分ほど加熱して火を通します。タコをさっと茹で、ぶつ切りにしたらじゃがいもを盛り、オリーブオイルをまわしかけて、塩、パプリカパウダーをふってできあがり。

ワインやビールとの相性、今さら言うまでもありませんよね。自宅でお手軽バル気分、いかがですか。

ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
タコベルがカリフォルニア州パームスプリングスに期間限定でホテル「The Bell: A Taco Bell Hotel and Resort」をオープンします。
温暖な気候でフルーツやオリーブがたくさん採れて、というイメージのスペイン。ですがガリシア地方はその限りではありません。北部に位置するこのあたりは、山に囲ま...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...