3ステップで「イワシ」をごちそうに変えるテクニック

人間の長い歴史の中でずっと愛され続けてきた魚、イワシ。古くは縄文時代の貝塚にも、イワシの骨が見つかっているそうです。その調理法もさまざま。

ここでは、イワシを卵液に浸してオリーブオイルで焼く「ピカタ」を紹介します。フライはハードルが高い…なんて思っている人にこそおすすめ。難しいことは何もありません。3ステップをマスターするだけ。

3ステップで完成
スペイン流「イワシのピカタ」

<材料:3人分>

・三枚おろしのイワシ:3切
・卵:1個
・小麦粉:適量
・パセリ:3g
・塩:ひとつまみ
・コショウ:適量
・オリーブオイル:適量

<つくり方>

まずは卵にパセリ、コショウを加えてかくはんします。イワシに塩をふりかけ小麦粉をまぶします。卵にイワシをくぐらせ、オリーブオイルをひいたフライパンで両面を焼き、お皿に盛り付ければ完成。

かんたんにできて、ごはんにもパンにも相性◎っていうのもイイでしょ。

他の記事を見る
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
バルの定番メニューのひとつが、このスペイン風オムレツ「トルティージャ」。むずかしい料理ではないんだけれど、ジャガイモを茹でる手間や、フライパンでひっくり返...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。