塩サバの生臭さだけを消して、最高のおつまみに仕上げる

オールシーズン手頃な価格で手に入る塩サバですが、いつも焼くだけという調理法ではワンパターン。

そこで、1アレンジ加えるだけなのに白ワインと最高のペアリングになるおつまみのご紹介。

塩サバの生臭さを消し去る
オリーブオイルの威力

©2018 FOOD CREATIVE FACTORY

塩サバ2切れ分をオーブントースターでこんがり焼いて、火を通したら大きめにほぐしておきます。保存瓶にこれとニンニクの薄切りを1かけ、赤唐辛子1本、ローリエ1枚をオリーブオイル(200ml)の中に漬け込んで1時間ほど冷蔵庫へ。これで完成という超カンタンおつまみです。

ちなみに、青魚のもつ不飽和脂肪酸は「酸化しやすい脂」としても有名。いくら塩でしめても、特有のあの生臭さは出てしまいます。

けれどオリーブオイルに漬けることで香りが相乗でき、生臭さもそれほど気にならないばかりか、食欲をそそるいい香りに変わるんですよね。

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
オリーブオイルにタラコを浮かせたら、あまりの美味しさにハマってしまいました。
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
トルコでは「香水」の消毒剤としての需要が高まり、コロナウイルス対策として大量に買い占められている。
La Petite Epicerie(ラ プティット エピスリー)のオリーブオイル缶です。光による酸化を防ぎ、よりおいしさが長持ちに。素材や製法にこだわっ...
栄養とともに旨みが凝縮されているサバ缶。まるごと無駄なく使わなきゃモッタイナイ。味噌汁にアレンジして、海と山の幸たっぷりの一杯をつくりましょう。
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルのワークショップを開催します。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルワークショップを開催しました。今回はトムさんセレクトの3つのタイプの違うオイル(ライト、ミ...
宇宙飛行士アン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブにかつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿。「NASA」の心理学者による研究をベースに、5つの...
食べ過ぎ注意です。でも、止まらないおいしさなんです。
お鍋の季節に活躍する魚の代名詞といえば、タラ。淡白な味でどんな料理とも合わせやすいはずなのに、いつも鍋モノばかりになってしまう人。こんな料理はいかがでしょ...
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
アドリア海の伝統的な「塩作り」を疑似体験できる「SAL⊥」。
ふんわりトロトロの食感とじゅわ〜っと広がる甘みーー。でも、たまにはちょっぴり違うアレンジで!ミルク:3分の1カップたまご:2個刻んだタイム:ティースプーン...
男性の約3.5人に1人はパンツにこだわりを持っており、約6人に1人、なかでも経営者や会社役員といったエグゼクティブほどパンツが仕事のパフォーマンスに影響す...
「Gapストア 新宿フラッグス店」が4月3日リニューアルオープン。世界初の「Gapオリジナルブレンドコーヒー」やドーナツなどが楽しめるカフェエリアも登場。
低糖質・低脂質のダイエットチーズを自家製する方法教えます。
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
簡単においしくつくれて、効率よく栄養補給もできる、いつものスムージーにぜひプラスしたい食材、それが「オイル」でした。
お菓子づくりで重宝するマフィン型ですが、それ以外まったく出番がないなんてモッタイナイ!
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
真夏の今こそ、このオイルだけは試してもらいたい!