毛先は濡らさず頭皮だけ洗いたい。ワガママに応える「PonyDry」

ひょっとしたらニーズがあるかもな、くらいなアイテムを紹介するときの方が、書き手としては案外気がラク。もともと見向きもしないような人たちに、仮に届いたとしたら、それはそれでラッキーだし。

で、アメリカ生まれのこのバスアメニティがまさにそれ。オススメするならば、よほどの「せっかちさん」とか「ズボラさん」…だけと思ってたんです最初は。

長い髪を濡らさない
毛先専用シャワーキャップ

A0074e4083dd5e28717bd7d0ea0b4f16fce5abd6

防水加工が施された毛先専用シャワーキャップ「PonyDry」は、1つ19.99ドル(約2,200円)。日本へのシッピングも問題なし。公式サイトから購入可能です。

と、先に商品概要を紹介したくなるのも、よく見ていけば結構これが“使えるヤツ”なんじゃないかと思えてくるから。そしてもう、こうとしか思えなくなっちゃって(笑)。

だって楽じゃん、濡れなくてすむし

C7ef31e07196833725d19ddc0bef14138c57cd03

モデルの女性が頭につけている大きなシュシュのよう見えるのがPonyDry。このピンクの内側に、彼女の長い髪が収まっています。簡単にいえば、この部分がシャワーキャップ代わりをしていて、毛先だけ濡らさずに保護してくれるというもの。

まあ、聞けばさもありなんな商品でしょうけど、頭全体をカバーするシャワーキャップではできなかった、「頭皮を洗う」ことがこちらは可能。そもそも頭皮さえキレイになれば、毛先まで濡らしてシャンプーする必要はない、そう割り切れる人(あとは冒頭のせっかちさんたち)には、意外とニーズありかもなって。

髪の毛をスリーブに入れて
お団子をつくるだけ

ポニーテールでまとめた髪をカバーするため、頭皮に近い根元だけを洗い流すことも、シャンプーで泡立てることもできてしまうらしく、ちゃんと防水カバーに収まった毛先は、バスタイムの最後まで濡れずにすむ(らしい)。

Fbe8162cc51e26ac9fd127461291e2497971020e

①ポニーテールで髪をまとめたら、お辞儀をする格好で顔の前に髪を持ってきてスリーブに入れる。根元のヒモを引っ張り、しっかり口を閉じる。

782a8339481c64746a1304f1474ac5ade7eb51cd

②ヒモをポニーテール結び目でくるっと回し、スリーブごと髪を巻きつけ頭のてっぺんでお団子をつくる。

C1e9428313f518c578497bdf5e5289d16650d533

③留めピンにスリーブ先端のフックをかけて完全に固定。

10ac8a5297fefab103ea53c8dd9fc7fe36f1cfee

④思いのままのバスタイム。しっかり固定してあるので、シャワーの水圧もへっちゃら(だそう)。

乾燥からスタイリングまで
約18分の短縮、だそうです。

メーカーの説明では、一般的に髪を洗って乾かしてスタイリングするのにかかる時間を平均25分と見ているようですが、PonyDryを使うことで、およそ7分にまで短縮できると太鼓判(ホント?)。

時間にして18分。これが毎朝のことだとしたら、残業でくたくたになって帰宅した夜なら、どう?

ただ、本国アメリカでのニーズはそこだけじゃないようで、ワークアウト後のシャワータイムを短縮する画期的ツールとして人気が爆発。体を動かせば頭皮だって汗をかく、そのシャワーのたびに毛先まで濡らして、洗って、乾かしては時間のムダという、ごくごくシンプルな発想です。共感できるかは別として。

ちなみに、濡れないシャワーキャップの活躍の場は、このほかにビーチやプールといった水辺のアクティビティにもOK。それよりも、“おだんご”のまま温泉とかでも活躍できそうですね。

これは余談ですが「INSIDER」によると、なんでも今年2月に行われた「第59回グラミー賞授賞式」の参加者に配られた3万ドル(約330万円)の豪華ギフトセットの1アイテムに、PonyDryも商品として堂々選ばれていたそうですよ。

Licensed material used with permission by PonyDry
ちょっとコンビニまでに行くなら財布とスマホ、あとはこのキャップでOK。Bluetoothでさっと接続したら、お気に入りのプレイリストをONに。見た目はフツ...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...
フィンランドに拠点を置くLimonade社が開発した、世にも珍しい“ペットボトルキャップ”を紹介。ただの水がジュースに変わるって、一体どういうことなのでし...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
食事の作法には育ちが表れる。とは、よく聞く話。ところが、「LittleThings.com」ライターPhil Mutz氏によれば、シャワーでの癖や仕草こそ...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
写真の男性。「なぜ、お風呂でハットをかぶっているの?」と疑問に思いますよね。実は彼、まったく新しい発想の「スカルプケア」の真っ最中なんです!男性の頭皮ケア...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
いっぱいかいた汗を流してサッパリ、体もポカポカと温まる。この時期のシャワーって気持ちがいいですよね。もちろん熱いシャワーもいいのですが、とくに冷水をオスス...
〈is-ness(イズネス)〉のサンダルは、ハイブランドのスラックスにもマッチするデザイン。さり気なくイタリア製というのもポイントです。
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
性別や年齢を問わず、私たちを悩ませるもののひとつ「薄毛」。遺伝的な要素ももちろんあるだろう。でも、それ以上に日常生活には、髪の毛へ大きな負担となっている習...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...