世界の「変わったクリスマス習慣」。日本も入ってます

街の雰囲気やテレビのCMまで、一気にそのムードが広がる特別な日、クリスマス。もともとはキリスト教のお祭りですが、世界中に広がるにしたがって、国ごとのさまざまな習慣が生まれました。

今回は「PureWow」の記事より、世界中の面白いクリスマスの祝い方をまとめました。ちなみに、日本も入ってますよ。

01.
【レバノン】
豆を植える

レバノンでは、クリスマスツリーは飾りません。代わりにクリスマスの2週間前に、レンズ豆やヒヨコ豆、小麦などを植えます。するとクリスマス当日までには芽が出るので、この芽を飾ってお祝いをするそうです。

なんでそんなことするの?と思ってしまいますが、じつはこれ、キリストの復活を象徴しているのだそう。なんだかそう言われると納得してしまいますね。

02.
【メキシコ】
棒でくす玉を割る

メキシコでは、マリア受胎を祝うため、 12月16日から25日にかけての9日間をお祝いします。家から家へと練り歩きながら、クリスマスキャロルを歌うのがメキシコ風。

さらに子どもたちは、ピニャータと呼ばれる派手に飾り付けされたくす玉を割ります。すると中からはお菓子がたくさん!子どもたちにとってのクリスマスの楽しみとなっているそうです。

03.
【ウクライナ】
ツリーには「蜘蛛」

クリスマスの動物といえば、やっぱりトナカイ。あとは平和と幸福の象徴としてハト、というパターンもありますよね。しかしウクライナはまったく違います。なんと、クリスマスを象徴するのは「クモ」なんです。

これは昔、ある未亡人の家にあったクリスマスツリーにクモが糸を張ったところ、その糸が金と銀になったという言い伝えによるもの。ツリーのクモを見つけた人は幸せになれる、と信じられているそうです。

04.
【スウェーデン】
飲み物はコーヒー

日本の2倍近いコーヒーを消費しているとも言われる、コーヒー大国スウェーデン。クリスマスもやはり、コーヒーを飲んでお祝いすることが多いようです。

また、スウェーデンにはクリスマスケーキはありません。その代わり、サフランブレッドと呼ばれる特別なパンを焼きます。その名の通りサフランが入った黄色い生地で、ぐるぐるした模様を作ります。その昔サフランは高級品だったため、お祝いのときに食べる習慣が根付いたようです。

05.
【アイルランド】
サンタさんにはビールを出す

クリスマスイブの夜、来てくれたサンタさんのためにミルクとクッキーを置いておくのがヨーロッパの子どもたちの一般的な習慣。でもアイルランドはひと味ちがいます。なんとサンタさん用のビールを置いておくのです。

もちろん、おつまみも忘れずに。ミートパイを隣に置いておくそうです。トナカイに乗っているから飲酒運転にはならないかもしれませんが、ずいぶん大人仕様ですよね。

06.
【エストニア】
家族でサウナ

北欧はサウナが盛んですが、なかでもエストニアのサウナ好きは有名です。クリスマスも、家族でサウナに入ってお祝いをします。

クリスマスのごちそうを食べたあとは、みんなでサウナに入りながら一年を振り返るのだとか。寒さが厳しい地域だけに、温かさもごちそうといったところでしょうか。

07.
【アイスランド】
悪い子には腐ったジャガイモ

アイスランドには、クリスマスまでの13日間、毎日家を訪れる13人のトロールがいると言われています。その日一日いい子にしていると小さなプレゼントを置いていってくれますが、悪い子だと腐ったジャガイモを置いていくのです。

このトロールたち、残り物を食べちゃったり燻製中のソーセージを盗んだり、悪者だけれどなんだか憎めない個性の持ち主ばかり。サンタさんは1日しか来ませんが、13日も来ると考えればちょっとお得かも?

08.
【トリニダード・トバゴ】
家を改装する

カリブ海に位置する常夏の島トリニダード・トバゴでは、クリスマスになると家を改装するのが習わし。ペンキを塗り直したり、カーテンを替えたりします。

クリスマスの食事は、リンゴやブドウ、ジンジャービールに七面鳥を食べるのが一般的。フルーツを揃えるのが南国らしいですね。

09.
【ニュージーランド】
ビーチでBBQ

ニュージーランドは南半球にあるため、クリスマスの時期は夏真っ盛り。ビーチに行ったりキャンプをして、外で過ごすことが多いようです。そしてクリスマスのごちそうは、アウトドアの定番バーベキュー。

イギリス人が入植した関係で、クリスマスキャロルなどの歌もよく歌われます。先住民族である、マオリ族の話すマオリ語のバージョンもあるそうですよ。

10.
【日本】
ケンタッキーを食べる

世界から不思議だと思われている日本のクリスマス習慣、それはケンタッキーフライドチキンを食べること。

日本には欧米の家庭のようにローストチキンを一羽丸ごと焼けるようなオーブンがなかったところに目をつけ、ケンタッキーが大々的なキャンペーンを行ない根付かせた文化だと言われています。

アメリカなどの感覚からすると、大事なクリスマスのお祝いにファストフードを食べるなんて!ということなのでしょうが、ケンタッキーがクリスマスに食べられるようになってから早40年以上。もはや立派な伝統になったと言っても過言ではないでしょう。

Licensed material used with permission by Purewow
「Elite Daily」のAlexa Mellardoさんの紹介する5つの場所を見て、私は一気に“クリスマス気分”になってしまった。観光名所でもある場所...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
街のネオンもショーウィンドウもクリスマス一色です。ところで、あなたはサンタクロースについてどのくらい理解していますか?ライターLaura Caseley氏...
クリスマスシーズンを迎えるこの時期、海外のCMから目が離せない。この記事で紹介するのは、英国の老舗百貨店「ディペンハムズ」。まるで、映画を思い起こさせるス...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
クリスマスシーズンに欠かせないのがクリスマスソング。心に残る名曲から、ロマンティックな曲、ちょっぴり切ない曲、大切な人と聴きたい曲までバリエーションは様々...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
これからのクリスマスは、家族や友人や仲間たちと、気楽に親密に、しみじみ楽しもう。 むかしの日本では、クリスマスは企業社会の陽気なお祭りだった。サラリーマン...
クリスマスなのに金欠、恋人もいない。そんな人でもいつかの無邪気なクリスマスを再現することで、お金をかけずに、友達と最高に楽しい思い出を作ることができるはず...
毎年、クリスマスシーズンになると巷で話題となるのが、イギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のTVCM。商品広告は一切なく、心があったかくなるショート・スト−リ...
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
「Rudolph's Rage Room」と呼ばれる部屋は、18ポンド(約2,700円)を払えば4分間、野球のバットでクリスマスツリーを思い切り殴りつける...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
「海外勤務」に憧れている人が、その夢を実現させるためには、一体どんな力が必要なのでしょうか。まず最初に思いつくのが「語学力」だと思いますが、それよりももっ...
クリスマスシーズン、街はイルミネーションで美しく彩られます。でも、心からは祝うことはできない女子もいるみたい。そんな乙女心を代弁するのは「Elite Da...