日本企業にも絶対にマネしてほしい「スウェーデンの習慣」

3月、デンマークの首都コペンハーゲンから鉄道に乗って、南スウェーデンを訪れました。スウェーデン人のご主人と結婚した友人・エンニがルンドという街に暮らしていて、泊めてもらえることになったのです。

そこで、実に興味深い話を聞くことができました。

16時から始まる帰宅ラッシュ

エンニの家に到着した日、16時頃に旦那さんが仕事から帰ってきたのでビックリしました。

「いつもこんなに帰りが早いの!?」

「16時は早いほうだけど、16時半か17時くらいには帰ってくる。うちはいつも17時から夕食だから」

スウェーデンでは16時頃から帰宅ラッシュが始まるらしく、17~18時には家で夕食、という家庭が一般的だそう。

この国の労働時間が短いことは以前から聞いていましたが、実際にこの目で確かめて、本当に驚かされました。サラリーマンが16時に帰ってくるなんて、信じられません。

「残業する人=仕事ができない人」という認識が強く、経営者などを除けばほとんど残業する人はいないそう。

北欧の税金が高いのは、福祉の充実以外に、「富を再分配するため」でもあります。

所得がある段階を超えると、収入の約半分を国に納める必要があるため、「家族との時間を減らしてまで働こう」という気持ちにはならないようです。

エンニのご主人も、育児や家事を積極的にこなします。ぼくが滞在中の夕食も彼が得意料理を振舞ってくれました。

生産性の高さの秘密は「フィーカ」にあり?

北欧諸国の労働生産性の高さもよく取り上げられますが、それに関しておもしろかったのが、スウェーデンの「フィーカ(Fika)」という習慣の話。

フィーカは、「お茶すること」を意味します。スウェーデン人は頻繁に「フィーカしよう」と言います。お菓子をつまみ、コーヒーを飲みながら談笑する生活習慣が、この国のスローライフを支えています。

この習慣は、職場にも根付いています。産前にスウェーデンの企業で働いていたエンニはこう話します。

「多くの企業では、毎日10時と15時にフィーカの時間が設けられていて、15分くらいのコーヒー休憩があるの。一度作業を中断して、雑談とか仕事の話をする。ミーティングするほどじゃないけど、ちょっと話したい、という類のことを話したりね」

「フィーカの習慣が仕事の生産性を高めていると感じた?」

「それは確かに感じた。コミュニケーションが活性化するだけじゃなく、15分の休憩でリフレッシュもできる。あとはオン/オフのメリハリも生まれるね。スウェーデン人は休むときは休むけど、やるときはものすごく集中して短時間で終わらすの」

「このコーヒー休憩は強制というか、絶対にみんな仕事の手を止めるの?」

「うん。私一回、すっごく怒られたの(笑)。こっちの会社に入ってすぐの頃、フィーカの時間に作業を続けていたら、『何してるの!今は休む時間よ!』って」

かつて日本の企業においては、「同僚と飲みに行くこと」がフィーカの役割を果たしていたと思います。

それはスウェーデンでも同じでしたが、しかし夜の飲み会はお金もかかるし、それぞれの家庭の事情も異なるし、みんながみんな飲み会に行けるわけではありません。

とくにスウェーデン人は家族との時間を大切にするので、日本人の感覚とは異なります。だから「業務時間内のコーヒー休憩」でコミュニケーションを図ろう、となったようです。

日本企業も真似したらいいのにな、と思う習慣です。ぼくもかつては会社員でしたが、「ミーティングするほど大袈裟なことではないけど、ちょっと話して確認したいこと」って結構ありました。

この点に関して上司に尋ねたいけど、仕事に集中しているからどうも聞きづらい、とか。話せば一瞬で解決するのに、タイミングを掴めず後回しになってしまったり。

大企業でいきなり導入するのは難しそうですが、スタートアップなどでは、ぜひ試しにフィーカを取り入れてみてほしいと思います。

世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
10月29日、スウェーデン・マルメにオープンしたのは、そんな珍味を集めた博物館「Disgusting Food Museum」。名前がすごいストレート!
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
死滅の危機に瀕している野生のミツバチを救う施策として、スウェーデンの「McDonald's」が看板広告の裏側に巣箱を設置するプロジェクトを開始した。
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
25分間がんばったら5分間リラックス。ポモドーロ・テクニックと呼ばれる集中力維持メソッドを応用したスマホアプリ「Octomonk」が、子どもの学習用に使わ...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
日本でも、冬限定で北海道にオープンする「氷のバー」。でも、世界には一年中オープンしているところもあるんです。2002年にオープンしたこのバー。店内は年中−...
ここで紹介するのは、スウェーデンで“YES”を意味する言葉。なんでも独特な言い方で、ちょっと難しいのだとか。「シュッ」これがスウェーデン式のYES!これは...
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...