職業ホームレス、隣にいるのは「夢見てたもう一人の自分」

もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。
人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり。ここに登場するホームレスたちの多くも、その分岐点で私たちと同じように悩んでいたにちがいない。

あるアメリカの大学生が、ホームレスたちの“アナザーストーリー”を撮影し展示会を開催した。このプロジェクトThe Prince and the Pauperの本当のおもしろさは、彼らが「かつて抱いていた夢」にもう一度スポットライトを当てたことだけでなく、今も彼らの心にあるその夢を、実現させる一助になったこと。

My ideal self
( 理想の姿 )

「路上で生活する彼ら自身が、今の自分を変えられないと思い込んでいることが、何より人生を困難にさせているのではないだろうか?」

プロジェクトの根底には、そんな仮説があったらしい。

対するホームレスたちもフラッシュが放たれるごとに、胸の内にしまっておいた手放したくない想いが、ふたたび湧き上がる感覚を覚えたのではないだろうか。終了してから間もなく、彼らのうち数人の人生が、いつかの分岐点へと戻っていたのだ。

This is myself
( たどり着いた本当の自分 )

写真の男性Mukyasは、このプロジェクトに参加したことで1960年代にヒッピー運動に参加していた両親に対する誇りを持っていた自分を思い出したそう。いま、たくさんの人々に笑顔を届ける仕事を選んだ彼は、世界中の国々を訪れることを新たな目標に掲げている。すでに、メキシコ、ハワイ、インドネシア、パナマ、ボリビア、コスタリカ、そしてペルーを訪れている。

薬物とアルコール依存から逃れることができず、長年苦しんできたHenry。彼はいま、自分と同じように苦しむ人たちの力になりたいと、路上生活者たちの社会復帰を支援する団体に加わり働き始めた。

理想を叶えるのは、リアルな自分

ふたたび時計の針が動き始めたのは、ほんの一握りの人々。それも現実だ。実は生活に必要なお金、衣類、避難所は与えられていたものの、薬物やアルコール依存から抜け出せない人や、何事もなかったように路上生活に戻る人もいたというから。

なりたかった自分になれたのは、写真の中だけなのか、それとも現実か。
このプロジェクトがもたらしたものは、「夢」そのものではない。一歩を踏み出した人たちは、自らの力で希望を心に灯したのだ。 

Licensed material used with permission by Horia Manolache
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
オーストラリアを拠点に活動する慈善団体「Beddwon」は、夜間に使われていない駐車場スペースを利用して、ホームレスのための「ポップアップ宿泊施設」を立ち...
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
人糞に悩まされるサンフランシスコ。なんと、ひたすら人糞を探して清掃するための人を雇うのだとか。しかもこの仕事、驚くほど高給なんです!
兵庫県丹波篠山の無農薬ハバネロを使ってつくる「メローハバネロ」。シリーズ中もっとも辛いのがこの「Heaven」。これぞ、正真正銘の激辛!なのにきちんと美味...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
イギリスの団体は、ホームレスの人たちが経験している悪循環に歯止めをかけるべく、無料で生活用品や飲食物を提供する自動販売機を設置するというプロジェクトをスタ...
今、悩みや迷いがある、なんだかモヤモヤしている、自分の中の何かを変えたい、正直疲れ切っている……突然ですが、そんなみなさんには是非、週末にフィンランドへ行...
2月24日、イングランドと北アイルランド、スコットランドのサッカー協会が「ヘディング」に関する新たなガイドラインを発表した。それにより、小学生のヘディング...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
オーストラリアのメルボルン市議会は、市内にある図書館で新たなサービスを展開するため、常勤のソーシャルワーカーを雇用した。このサービスは、ホームレスといった...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。