人類は破滅へと向かうのか?「人口爆発」について考え直す。

現在、地球の人口は約74億人。このまま、人口は増え続けていくのでしょうか?それとも、減っていくのでしょうか。

資源を奪い合う戦争を起こさなければならないのか?
スラム街が増えるのか?
大気汚染がもっと進むのか?

その疑問は尽きません。

人口はどのように変化していくのでしょうか。どうやらそこには、4つのステージが存在するらしいのです。そして結論から言うと「人口爆発は落ち着く」とのこと。だからこそ、「私たちにはできることがある」とこの動画は提案しています。

では、人口の変化をステージごとに見ていきましょう。

01.
「多産多死」ステージ

ここで舞台となるのは、18世紀のイギリス。彼らが最初に人口転換を経験することになりました。この時期は、衛生・食品・医療に問題があり、多くの子どもが大人になることができませんでした。成人できたのは、6人中2人だけだったと言います。

その後、産業革命のおかげで、々の生活はより豊かになりました。さらに、科学技術が発展し、交通・通信・医薬品などの質も上がりました。

そして、ある変化が起きたのです。

02.
「多産少死」ステージ

人々の生活が豊かになるにつれ、食品・衛生の質が上がり、幼い子どもが死んでしまうことが少なくなりました。その結果が「人口爆発」。たとえば、イギリスでは1750年から1850年の100年の間に人口は2倍に。

これまで、子どもをたくさん産む理由は、幼いうちに死んでしまうからでした。しかし、このように状況が変わると人口にも変化が。

03.
「少産少死」ステージ

死亡率が下がると、出生率も下がりました。幼い子どもがしっかり大人になれるようになったからです。

この2つがバランスをとると、人口増加は減速し始めます。

04.
「停滞」ステージ

そして第4ステージで、人口増加は落ち着くことになります。

現在、多くの国がすでにこの最終ステージにいます。でも、なぜ人口は増え続けているのでしょうか?

これは、「人口爆発の時期に産まれた人が大人になり、子どもを持ったこと」によるもの。そのため増え続けているのですが、この先は出生率が下がり、人口増加も緩やかになるとのこと。

さらに、先進国は出生率が6→3に下がるまで80年かかりましたが、その他の国はこのスピードがもっと早い。たとえば、バングラディッシュは20年、イランは10年。つまり「このスピードが早い分、減るスピードも早いだろう」ということ。

つまり、人口増加が落ち着き始めるのは少し先の話なのだとか。

「助け合い」の未来へ

繰り返しになりますが、人口爆発はいずれ止まる、と言われています。国連の予測では「世界人口は120億人」は、超えないとのこと。

そうであるならば、人口爆発に対してネガティブになる必要もありません。一歩先に進んだ国が、その他の国をリードするべきなのです。たとえば、教育。識字率を上げることは、その国の発展にもつながります。そして、彼らが今度は助ける側になるのかもしれません。

私たちができることは「助け合うこと」。また、人が多ければ多いほど、助けてくれる人も多いということ。これからの未来、今まで以上に助け合って生きていくことができるかもしれません。

Licensed material used with permission by kurzgesagt.org
コロンビアに位置する世界で一番人口密度の高い島『イスロテ島(正式名称:サンタ・クルス・デル・イスロテ)』。野球場くらいの敷地面積に97軒もの住宅がひしめき...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
年々増え続ける世界人口は2012年に70億人を突破、今や72億人もの人々が地球上に居る。国連の調査では、2050年には約90億人になると推測されているが、...
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
この100年間、世界人口は増加を続けてきた。あと数10年で100億人突破は確実とみられている。それは、我々に多くの課題をつきつけることになるだろう。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
パンテーンが手がけるキャンペーン「#この髪どうしてダメですか」。個性をつぶしてしまう可能性のある髪型についての日本の校則。一人ひとりが本音を打ち明けながら...
Netflixでおすすめ! 社会現象を起こした「Netflixオリジナル作品のドラマ」を紹介。『ウィッチャー』『YOU ー君がすべてー』『ペーパー・ハウス...
Makuakeでクラウドファンディング中のマグボトル「FLSK」には、炭酸飲料を入れることができるのだとか。フタを緩めるときに気泡を逃すミリ単位の隙間が発...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
香港は世界有数の人口密集地。不動産の高騰も大きな問題になっています。とにかく住む場所がない!手軽でたくさんの人が住める集合住宅を作りたい!そんな切実から生...
冬にはマイナス20℃にも達するという極寒地域の韓国・ソウル。そんな土地で話題になっているのがあったか銅マスク「StarMASK」。速暖性、抗菌、消臭とイイ...
Bluetoothを活用した電子銘板システム「お守り de お墓参り」は、共同墓でも参拝者に合わせて表示名を変えてくれる。
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
「YouTube」が2020 年の「国内トップトレンド動画ランキング」(音楽を除く)を発表。
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...