マンションの部屋は、「自動販売機」で買う時代がやってくる?

現時点ではあくまでも構想段階だが、将来的にはとんでもない「高層マンション」が登場する可能性がある。そう聞くと、多くの人は「高さ」にフォーカスしたものだと思うかもしれない。

でも、マレーシアの建築家Haseef Rafieiさんが提案するマンションの面白さは、高さもさることながら、そのユニークすぎるコンセプトにある。そして、そのアイデアのもとが日本文化にあることにも着目したい。

このたび、彼がインスパイアされた3つの要素がこれだ。

01.
自動販売機のように
好みに合わせて部屋を買う

4eb21b2ed60f65a938717478afc97031a9d8dde22d1e9e3b7a3e5396361ad108336637d261fd0aaf

そもそもこの計画は、高層マンションの「枠」だけを建てておき、それぞれの部屋にあたるユニットを自分でカスタマイズして購入するというもの。まずはこのポイントを頭に入れておいてほしい。

91d0ac57bcc996a8b67272fd3ee78dd4cd8f2b64E647f3e28ccd316070e205f797e4241ad647f0c4

その「部屋の選び方」が上のようなイメージ。Haseefさんは日本の自動販売機に影響されて、価格・部屋タイプ・家具などを選べ、好みに合わせてオーダーできるような仕組みを計画中らしい。

ちなみに、購入後は3Dプリンターがすぐに部屋を作ってくれるようなシステムを目指している。 

02.
1960年代の建築運動を参考

64917f8e0bb82f87e6d174499f35ceeca339b0b7

様々なユニットから構成されるこの集合住宅は、1960年代の日本発の建築ムーブメント「メタボリズム(新陳代謝)」に影響されているらしい。これは、都市環境によって生き物のように次々と姿を変える建築のこと。代表作は、ブロック式の部屋が(技術的には)交換可能な設計になっている中銀カプセルタワービル(以下)。

だからこそ、ユニットを一つひとつを組み合わせていくスタイルになったのかもしれない。

F16048915cd9c7d837d6b94ccaf3f6a410f9cc91
Photo by yuuri

03.
「わび・さび」を意識した
ミニマルな建築

55542904040ae6c1ae6be53f0da5fd1c0e0bb508

このデザインは、日本の美意識でもある「わび・さび」を参考にしているらしい。確かに、必要最低限。ミニマルな印象を受ける。

Haseefさんはこう言う。

マンションが満室になったら、どうするのか?という質問をよく受ける。だけど、これは常に建築中というイメージを持ってほしい。つまり、スペースがなくなったら上に積み重ねる。『わび・さび』の考えを借りて言うならば、マンションは流動的に変化して、適応していく”不完全なもの”であり、そこに美しさを見出してほしい

10ceeb51860bf0cf5bf57fe5baae7c6861c3cb7d

ちなみに、完成予想イメージには銀座をチョイス。とことん日本から影響を受けている本計画、果たして実現するのだろうか。

Licensed material used with permission by Haseef Rafiei, yuuri
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...
InstagramやTwitterのフォロワーが買える。はよく聞くハナシ。けれど、まさかそれが自動販売機で販売しているとは…。中にはクジが入っており、値段...
イギリスの団体は、ホームレスの人たちが経験している悪循環に歯止めをかけるべく、無料で生活用品や飲食物を提供する自動販売機を設置するというプロジェクトをスタ...
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
1月半ばに入って急に寒くなりましたよね。自動販売機の赤いボタンにもつい手が伸びちゃいます。しかし、そんなときにこんな商品はいかが?コーンポタージュにしよう...
アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。子どもたちがたくさん...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
30代、独身、彼氏なし、貯金はわずか。そんな独身女子が、女ひとりでマンションを買ってみて、絶対に知っておいた方がいいと思ったことを5つご紹介します。
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
身近に自然を感じられる暮らし。そんな理想を叶えるための選択肢として、建物全体が緑に囲まれているというのは嬉しいアイデアですよね。スイスに建設予定の117メ...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
現在、地球の人口は約74億人。このまま、人口は増え続けていくのでしょうか?それとも、減っていくのでしょうか。資源を奪い合う戦争を起こさなければならないのか...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。で...
だれかは泣いているし、だれかはとっても喜んでいる。
小さいけれど、とってもパワフルで賢いポータブル空気浄化機「Wynd」。500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
生活や仕事に欠かせなくなってきた「機械」と、その「自動化」。私たちの過酷な労働力を少しでも軽減させ、効率の良い仕事ができるようにと、様々な機械が発明され、...