インドの若者のストレスを和らげる「自動販売機」の仕組み。

日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。経済成長の負の側面として、22〜25歳の65%が高いストレスレベルにあり、64%が睡眠時間を奪われ、鬱病の症状があるのだとか。

そんな現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブランド「WhatIf」。若者のストレスを和らげる「自動販売機」を紹介します。

この自動販売機、飲みものはすべて無料です。ただし、「リラックス」しなければなりません。

この自動販売機のあるスペースに入ると、まず専用のバンドを頭につけるよう指示されます。自動販売機にはその人がリラックスできているかどうか分析する機能があり、リラックス度が上がるに従って画面に表示される数値が上がっていきます。

画面に表示される「リラックスしてみよう」という言葉に従って、みんな自分が思うリラックス方法を実践します。手段は人それぞれで、ダンスをしたり、瞑想したり、声を上げて笑ってみる人もいました。

リラックス度が100になると、「おめでとう!」という言葉とともに、ドリンクが取り出し口に下りてきます。「WhatIf」のドリンクにはハーブが含まれているので、飲むことでさらなるリラックス効果が期待できそうです。

ストレスは目に見えないからこそ

自動販売機を利用した人は、「自分がこんなにストレスを溜めているなんて知らなかった」、「ヨガレッスンに通ってみようかと思うよ」と、自分自身がストレス状態にあることに驚く反応を見せていました。

ストレスは目に見えないうえ、その症状も人によって異なります。「WhatIf」の自動販売機は、知らないうちに溜まって健康を害してしまうストレスを可視化し、リラックスする方法を模索する手伝いをすることで、インドの社会状況を改善する役割を担っているのです。

国が発展するに従って社会に格差が生まれ、それが知らず知らずのうちにストレスの原因になることがあります。ストレスや鬱状態は先進国の負の側面という見方もありますが、今まさに成長している国だからこそ現れている問題もあります。

まずはストレスの存在を自覚することが、健康的な社会作りの第一歩なのかもしれません。

Licensed material used with permission by What If Green Tea Coolers and Herb Coolers, Facebook
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
メキシコの起業家のふたりが、ノパルサボテン(ウチワサボテン)だけを使ってヴィーガンレザーを作成することに成功した。
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
イギリスの団体は、ホームレスの人たちが経験している悪循環に歯止めをかけるべく、無料で生活用品や飲食物を提供する自動販売機を設置するというプロジェクトをスタ...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
「THE NORTH FACE」のキャンペーン「#SHEMOVESMOUNTAINS」のトークセッションは渋谷「THE CORNER」にて。北川道子(スタ...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。