自宅で、自分のペースでできる「金継ぎキット」

欠けたり割れてしまった大切な器を直して、新たないのちを吹き込む。ここ数年、「金継ぎ」がワークショップを中心に大人気。

それを自宅で、自分のペースでゆっくり楽しむためのキットが登場した。「金継ぎのお道具箱『巡(めぐる)━金継ぎ時代━』」は、単なるツール一式が揃ったキットではない。

京都で「Atelier hihumi」を主宰する漆芸家・修復師の日置美緒(へきみお)がセレクトした器をつくろうための道具は、接着剤や合成樹脂、真鍮製の金粉などを使用せず、身体にやさしい天然の材料を用い、初めての人でも本格的な金継ぎをじっくり時間をかけて楽しむことができる。

セットには説明書が同封されているため、天然漆の扱い方や道具のお手入れなど、ひとつひとつ確認しながら、自分のペースに合わせて金継ぎを進めていけるのもありがたい。

これだけじゃない。付属の説明書に添いながら、動画で詳しく各工程を解説したHOW TO動画がセットに(動画はオンライン上での公開)。

桐箱入りの道具箱は3万2260円(税込)からと、決して安い買い物ではない。それでも、応援購入サービス「Makuake」で展開中のプロジェクトはすでに目標額を350%以上上回る額が集まり、金継ぎ人気の高さがうかがえる。

来年のあたらしい趣味にいかがですか?

©Makuake
©Makuake
©Makuake

金継ぎのお道具箱「巡(めぐる)━金継ぎ時代━」

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/atelier-hifumi/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
壊れた器を直してほしい人、修理したい人、金継ぎに挑戦したい人をつなぐ「つぐつぐ」。金継ぎによる壊れた器の修理はもちろん、職人ならではの技術を提供したり、な...
海外における日本の伝統文化「金継ぎ」とは。欠けた器を漆で接着し、金で装飾して使い続ける手法は海外でも注目を集めており、今や世界で独自の発展を遂げています。
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する技術です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
本格的なレザースニーカーを自分で簡単に作れる靴製作キット「Sneaker Kit」が日本に本格上陸。応援購入サービス「Makuake」にて先⾏予約をスタート。
「ゲッティイメージズ」は気候変動の危機を発信するために「Climate Visuals」と協力して「ゲッティイメージズ・クライメイト・ビジュアル奨励金」を...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「scene」は、京都のコーヒーロースタリー「colon coffee roasters」が製造販売する、誰でも自分だけのブレンドコーヒーが作れるカスタム...
NY発のロブスターロール専門店「LUKE’S LOBSTER」より、ハロウィン限定のシーフードロールセットが発売。ロブスター、シュリンプ、クラブなどをオリ...
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
オーストラリアから驚きのニュースが届きました。茂みの中を散歩していた親子が手のひらサイズの「金の塊」を発見したというもの。しかもその価値、日本円で約265...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
厳選されたスパイスと専用シロップを煮込んでつくる自分だけのオリジナルコーラが楽しめる、自家製「クラフトコーラキット」が登場
フィリピンの首都マニラの南東に位置する街マラヤ。 農村地域に広がる貧困が、多くの子供たちを小規模金採掘に関わらせている。生きるため食べるために、危険を冒す...
ネスレ日本は、キットカットのパッケージを来月から紙製に変更。その紙製パッケージで折り鶴をつくり、メッセージを書いて、想いを伝えたい人に届けようと推奨するキ...
使い方は、その時の気分に合わせてお気に入りのカラーを選び、ミルクに1さじ加えるだけ。Coffee Paintsは手作りのカフェラテをとってもカラフルにして...