2018年の運気を上げる、世界のお正月パワーフード8選。

2018年の幕があけました。年をまたいだこのタイミング、昨年まで引き出せなかった新鮮なパワーが湧いてくるはずですが……そのエネルギーを運気に変え、新年を迎えたこの時期に食すと縁起がいいとされる、パワーフードが世界にはあるようです。ま、よく見てみればどれもお金、お金、お金…。縁起モノに金運アップを望むのは、どの国も似たり寄ったりなんですね。

ライターRachel Chapmanによる「Elite Daily」で紹介された記事をどうぞ。

01.
黒豆

これは、私の家族も毎年作っている南アメリカの伝統料理。内戦中、南アメリカの人々が餓死せずに済んだのは黒豆のおかげと言う人もいれば、黒豆はお金の象徴だから縁起がいいと言う人も。何を信じるかは人それぞれだけど、ごはんとも相性抜群の黒豆は、お正月にはとっておきの食べ物です。

02.
豚肉

縁起の良いお肉の代表と言えば、豚肉。脂肪分が多い豚は"繁盛"を象徴するため、お正月に食べると金運がアップするのだとか。前述の黒豆とごはんにローストポークを合わせれば、もうカンペキ。

03.
レンズ豆

イタリアでは、ローマ時代の硬貨に似ていると言われるレンズ豆が金運アップに効くそう。とりあえずお金に見えるフードを食べておけば縁起が良いってことかしら。

04.
お蕎麦

日本では、長寿を祈願し、大晦日にお蕎麦を食べます。1すすりが長ければ長いほど、長〜く幸せな人生が送れるそうなので、食べ方にも注意を払いましょうね。

05.
カラードグリーン

緑色のものは、大抵縁起がいいようです。なぜならこれも、お金を象徴する色だから。カラードグリーンを縁起物として頂くのは南アメリカで広く知られている伝統で、運気アップもそうですが、黒豆と美味しく頂けるというメリットが。豚に黒豆、レンズ豆にカラードグリーン…これだけでも立派な料理の出来上がりですね。

06.
ぶどう

ちょっとフルーティなものを求めているのなら、食べるだけで運気がアップすると言われているぶどうがオススメ。深夜12時になったら、合計12粒を口に含んでいきましょう。この数は、一年にある"月"の象徴。その粒と同じ数の月が運気ダウンの時期を示しているようなので(水星の逆行、など)、何個目の粒が酸っぱかったかを覚えておくといいかも。

07.
輪っかの形をした食べ物

リング状のバントケーキやドーナツは、一年の始まりから終わりまでをひとつの輪でつないでいる、と見る文化もあるそう。あなたがどうか知らないけど、私はそんな言い訳がなくたってドーナツはいつでももってこい。でもそれが運気アップにつながるなら尚嬉しい!さて、ダースで買っちゃおうかな。

08.
お魚

もし豚肉が苦手なら、魚って手もあり。魚が幸運をもたらすのには、様々な理由が。ひとつは、彼らの鱗が財布の中の小銭に見えるという説。もうひとつは、群がって泳ぐため、何かが"たくさん集まること"を示唆している説。魚を食べる理由付けには、これだけの説があれば十分でしょう?

Licensed material used with permission by Elite Daily
「どんなかまぼこならお正月の食卓に取り入れてもらえるだろう?」と考えた福岡の老舗「関屋蒲鉾」五代目が作った、一口サイズのかわいいかまぼこ「ハレかま」。この...
年末年始の賑やかな場にお似合いなビールが先週12月2日から発売されている。クラフトビールメーカーサンクトガーレンの「水引飾り付き お正月限定 一升瓶ビール」だ。
日本古来からめでたいもの・縁起のいいものとされている、1年で1番最初の日の出。2018年の初日の出は何時に見れるのだろう?『国立天文台』の情報をもとにご紹介。
8月9日(金)、渋谷ストリーム ホールにて「2045年、AIが神になった世界」という仮想の世界を体験できるフェスティバル「KaMiNG SINGULARI...
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
運の良い人は良いなりに、運の悪い人は悪いなりに人生の周期が存在します。そこを見極めどう動くか、これが肝心。
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
電気自動車メーカー「Tesla」と民間宇宙開発企業「SpaceX」のCEOを務めるイーロン・マスクが、米・総合情報サービス企業「Bloomberg」の世界...
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「2020年のフードトラックトレンド」を教えてもらいました。
新年になったからといって、いきなり真新しい自分になれるわけではありません。でも、何か目標を持つことで、自然と能動的な気持ちなれるはず。そして、毎日の少しづ...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
「Goldwin(ゴールドウイン)」の「GORE-TEX Hooded Down Coat」の紹介。
「星のや軽井沢」で、冬真っ盛りの12月1日〜2021年2月28日に「森のほとりcafe&bar ~氷上の星空特等席~」が開催される。
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、個性豊かなフードトラックの中から、特に注目すべき5つを選んでもらいました。
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
フライドポテトにチーズとグレイビーソースがかかったカナダ・ケベック州のソウルフード「プーティン」。都内でも気軽に足を運んで食べられる店はいくつかあります!...
今年1月〜2月、横浜市内の「イトーヨーカドー」全店舗で「フードドライブ」を実施。家庭で余っている食べ物を持ち寄って地域の福祉団体やフードバンクなどに寄付す...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...