2018年の運気を上げる、世界のお正月パワーフード8選。

2018年の幕があけました。年をまたいだこのタイミング、昨年まで引き出せなかった新鮮なパワーが湧いてくるはずですが……そのエネルギーを運気に変え、新年を迎えたこの時期に食すと縁起がいいとされる、パワーフードが世界にはあるようです。ま、よく見てみればどれもお金、お金、お金…。縁起モノに金運アップを望むのは、どの国も似たり寄ったりなんですね。

ライターRachel Chapmanによる「Elite Daily」で紹介された記事をどうぞ。

01.
黒豆

Ef40b310aee218e29257bfa37462474f0ff11278

これは、私の家族も毎年作っている南アメリカの伝統料理。内戦中、南アメリカの人々が餓死せずに済んだのは黒豆のおかげと言う人もいれば、黒豆はお金の象徴だから縁起がいいと言う人も。何を信じるかは人それぞれだけど、ごはんとも相性抜群の黒豆は、お正月にはとっておきの食べ物です。

02.
豚肉

縁起の良いお肉の代表と言えば、豚肉。脂肪分が多い豚は"繁盛"を象徴するため、お正月に食べると金運がアップするのだとか。前述の黒豆とごはんにローストポークを合わせれば、もうカンペキ。

03.
レンズ豆

イタリアでは、ローマ時代の硬貨に似ていると言われるレンズ豆が金運アップに効くそう。とりあえずお金に見えるフードを食べておけば縁起が良いってことかしら。

04.
お蕎麦

D8b6f53369acb6b45c8a7c5fee91aa938cd18518

日本では、長寿を祈願し、大晦日にお蕎麦を食べます。1すすりが長ければ長いほど、長〜く幸せな人生が送れるそうなので、食べ方にも注意を払いましょうね。

05.
カラードグリーン

緑色のものは、大抵縁起がいいようです。なぜならこれも、お金を象徴する色だから。カラードグリーンを縁起物として頂くのは南アメリカで広く知られている伝統で、運気アップもそうですが、黒豆と美味しく頂けるというメリットが。豚に黒豆、レンズ豆にカラードグリーン…これだけでも立派な料理の出来上がりですね。

06.
ぶどう

ちょっとフルーティなものを求めているのなら、食べるだけで運気がアップすると言われているぶどうがオススメ。深夜12時になったら、合計12粒を口に含んでいきましょう。この数は、一年にある"月"の象徴。その粒と同じ数の月が運気ダウンの時期を示しているようなので(水星の逆行、など)、何個目の粒が酸っぱかったかを覚えておくといいかも。

07.
輪っかの形をした食べ物

840ca291137bd8989d33c24fcad022df74c45d91

リング状のバントケーキやドーナツは、一年の始まりから終わりまでをひとつの輪でつないでいる、と見る文化もあるそう。あなたがどうか知らないけど、私はそんな言い訳がなくたってドーナツはいつでももってこい。でもそれが運気アップにつながるなら尚嬉しい!さて、ダースで買っちゃおうかな。

08.
お魚

もし豚肉が苦手なら、魚って手もあり。魚が幸運をもたらすのには、様々な理由が。ひとつは、彼らの鱗が財布の中の小銭に見えるという説。もうひとつは、群がって泳ぐため、何かが"たくさん集まること"を示唆している説。魚を食べる理由付けには、これだけの説があれば十分でしょう?

Licensed material used with permission by Elite Daily
日本古来からめでたいもの・縁起のいいものとされている、1年で1番最初の日の出。2018年の初日の出は何時に見れるのだろう?『国立天文台』の情報をもとにご紹介。
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
新年になったからといって、いきなり真新しい自分になれるわけではありません。でも、何か目標を持つことで、自然と能動的な気持ちなれるはず。そして、毎日の少しづ...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
。2018年初の流星群「しぶんぎ流星群」が、訪れる日だから。『流星電波観測国際プロジェクト』によると、見頃は4日に日付が変わってすぐ、0:00~夜明け!た...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
つるつる、ぬめぬめした見た目。実生活においては、苦手としている人もいるかもしれません。しかしながら、カエルは昔から縁起の良い生き物として親しまれてきました...
手軽で人気のファーストフード。ぱぱっと食べられるのが魅力ですが、栄養バランスも気になりますよね。「FAST Food AID」はファーストフードを食べた際...
2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題...
本来食べ物が持っている、ビタミンやミネラル、酵素を効率的にカラダに取り入れる食習慣が「ローフード」です。だけど、厳格なルールにこだわらず、個々人のライフス...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
フィリピンの首都マニラの南東に位置する街マラヤ。 農村地域に広がる貧困が、多くの子供たちを小規模金採掘に関わらせている。生きるため食べるために、危険を冒す...
「あずきバー」は、井村屋株式会社が誇る大ヒット商品。1972年に販売がスタートした不滅のロングセラーです。このたび、そんな名作の“新たな用途”が発見され、...
冬の夜空っていいですよね。お正月に実家へ帰ったとき「あれ、こんなに星きれいだったっけ?」なんて思うことがよくあります。寒いからもう部屋に入ろうって思っても...
運が良いと言われる人には、単なる偶然だけではなく、必ず共通する行動パターンや習慣などがあるものです。具体的に10の方法や行動を紹介していきますので、あなた...
日本海に面した山口県長門市、ここに地元の人たちから“パワースポット”として愛されてきた、元乃隅稲成(もとのすみいなり)神社があります。県外の人には馴染みの...
冬だからって、ニオイに油断はできません。ニオイを抑える方法はいろいろですが、食べ物に注意するというのも効果的です。例えば、こんな食べ物はニオイの元になりや...