女性の視点で作った、かわいい「お正月かまぼこ」

今でも、お正月やハレの日に「かまぼこ」を食べる習慣があるという人は、どのくらいいるだろうか?

例えばお正月の食卓、昔は当たり前のように紅白のかまぼこが並んだものだ。しかし昨今では、そんな風景もなくなりつつある。

では、「どんなかまぼこならお正月の食卓に取り入れてもらえるだろう?」と考えた福岡の老舗かまぼこ店・関屋蒲鉾五代目の緒方尚美氏が作ったのが、季節ごとのモチーフがかたどられた一口サイズのかまぼこ「ハレかま」だ。

そして今回、このハレかまシリーズに、羽子板や松、鏡餅など、お正月のモチーフが10種類デザインされ、特別バージョンとして金粉まで入ったハレかま「お正月」が登場した。

渋い印象になりがちなお正月の食卓でも、おせちやお雑煮にこのハレかま「お正月」を添えるだけで、一気に華やかさがプラスされ、会話も弾みそうな一品だ。

しかもこの商品、五代目の緒方尚美氏が一つずつ手づくりしているため、表情や形の微妙な違いを楽しむこともできるという。

明治より続く家業の伝統だけにとらわれず、五代目が女性の視点から、自由な発想で生み出した今回のハレかまで、年の初めを笑顔で過ごしたいものだ。

©2020 関屋蒲鉾株式会社

柳川かまぼこ処せきや

【公式サイト】 https://www.sekiya-kamaboko.co.jp

Top image: © 2020 関屋蒲鉾株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事