お国変われば味も変わる「全国お雑煮祭り」【12/31まで】

鶏がら、アゴだし、味噌仕立て、角餅、丸餅、あんこ餅。お国変われば味つけも様々なのがお雑煮。
 
このご当地お雑煮を、おうちで楽しむための商品を集めたフェア「全国お雑煮祭り」が「にんべん 日本橋本店」にて開催中だ。お雑煮に欠かせない出汁お餅の販売のほか、全国のお雑煮レシピカード配布とにんべんの商品と一緒に楽しめる厳選商品が揃う。
 
ところで、お雑煮の歴史は古く、平安時代からハレの碗として食されてきた。料理文化が花開いた江戸時代、庶民のあいだでも「一年を無事に過ごせるように」と願をかけて食すお雑煮が広まっていったそうだ。
 
その江戸時代(元禄12年)に創業した「にんべん」。創業家である高津家古文書に記された秘伝のお雑煮レシピがあるそうな。江戸時代から受け継がれてきた、高津家のレシピも今回無料配布されている。
 
開催期間は大晦日の31日(水)まで。ただ、商品がなくなり次第フェアも終了となるため、気になる人はお早めに。
 
慣れ親しんだ我が家の味もいいけれど、江戸の食文化を再現するお雑煮で迎える新年もよさそうだ。
 
 
 
©株式会社にんべん

全国お雑煮祭り

【場所】にんべん 日本橋本店
【住所】東京都中央区日本橋室町2‐2‐1 COREDO室町1・1階
【期間】12月15日(火)〜31日(水)
※商品がなくなり次第フェアも終了となります。

Top image: © 株式会社にんべん
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
3月7日(土)と8日(日)の2日間、代々木公園、NKH、NHKホール前広場にて、ふるさとの食を味わいながら、地産地消や食育をあらためて考える大規模イベント...
どこで生まれ育ったかは、味覚を決定するうえで重要な要素なんですね。
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
1985年に福岡で創業した『一風堂』は、今や世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド。より多くの人々により長く愛されるラーメンを作るために...
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
顔が一瞬で変わる中国四川省の伝統秘技「川劇変面」。この門外不出・一子相伝の秘技をいとも簡単に、そして誰でも披露できちゃうお面があるというので紹介したい。そ...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。
「名前はよく聞くけど、なんだかイメージが湧いてこない国」にフィーチャーして、紹介していきます。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
一説に「日本最古の夏祭り」ともいわれ、「天神祭」「住吉祭」と並ぶ大阪三大夏祭りである「愛染まつり」の秘仏ご開帳と大法要が、6/30〜7/2の3日間、You...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。