「タマゴ」という芸術表現。

そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。

これらは、アートディレクターNidia Dias氏が、「タマゴ」を5つの視点から描いた芸術作品です。あなたのタマゴの見方が変わったり変わらなかったり。

01.
『持続性』

最初の作品は、サルバドール・ダリにインスピレーションを受けたものだとか。割れた黄身が時計の針のように流れています。

02.
『バランス感』

こちらは絶妙なバランスで置かれた、タマゴと羽根。指の上に置かれた、落ちそうで落ちないタマゴが、タマゴの割れやすさとバランス感を表しているそう。

03.
『偽物』

パックの中にひとつだけ黒いタマゴが。よく見ると、タマゴではなく、タイマーが入っています。この作品では大勢の中に隠れている「偽物」を描いているのだそう。

04.
『エッグ・ロワイヤル』

「エッグ・ロワイヤル」は日本ではエッグベネディクトと呼ばれる料理の名前。王族を意味する「ロワイヤル」に掛けて、タマゴに王冠のように金色の液体がかけられています。

05.
『脆さ』

パスタを作るときをイメージし、小麦粉の上にタマゴが割られています。へこんだ上部が噴火寸前の火山のよう。

Licensed material used with permission by Nidia Dias
andmore
他の記事を見る
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
趣味やテーマやジャンルに特化した画像(動画)のみを投稿するインスタアカウントをじっくりみていくと、あっという間に時間が過ぎててビックリ!なんてことがありま...
これまで「恐竜のタマゴは白い」と言われ続け、多くの研究者も疑うことなくそう思っていたはずなのに、オンライン学術誌「PeerJ」で、まさかの青緑のタマゴが公...
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
メキシコ育ちのMichele Baldini(20歳)によるInstagramアカウント「the_eggshibit」では、見覚えのある形が目玉焼きから作...
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...