雪原に佇む「黄金のタマゴ」の正体

明らかに雪景色に馴染めていない。だからこそ、妙に気になる黄金の卵。自然を楽しんでいる時にこれと出会ったら、まじまじと観察してしまいそう。

誰もが気になるこの建物は、北欧の人が大好きなアレなんです。ホント、どこにでも作っちゃうなあ〜。

本格的な内装の
「卵型サウナ」

実はこれ、北極圏に位置するスウェーデンのキルナに建てられた「卵型サウナ」。「Solar Egg」と名付けられたそれは、文化としてサウナを愛する人々のために、デザインスタジオ「Bigert&Bergström」が作ったもの。太陽の光を浴びてピカピカと輝く外壁は、空や山などの景色を、様々な方向から映し出してくれるのです。

高さ5メートル、幅4メートル。69個のパーツから作られているので、バラバラにして移動することもできるそう。

階段を登って、ちょっとワクワクした気持ちで中に。

外からは想像できない、木造りの内装。

ゴーゴー!と、火が燃えるストーブは、「心臓の形」をイメージ。

サウナの中では、利用する人たちが和気あいあいと過ごしているそう。親鳥が卵を温めるように、心と体をポカポカにしてくれるのです。

Licensed material used with permission by Futurniture
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
足跡ひとつない雪原を踏みかためて図柄を描く「スノーアート」の第一人者。イギリス人アーティストのサイモン・ベック氏は、たったひとり10時間以上かけて、これら...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
趣味やテーマやジャンルに特化した画像(動画)のみを投稿するインスタアカウントをじっくりみていくと、あっという間に時間が過ぎててビックリ!なんてことがありま...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
撮影されたのはカナダ・ブリティッシュコロンビア州、バンクーバー北部の山中です。2015年11月19日のこと。例年よりも雪が積もるのが早く、近くにある北米最...
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
東京でおすすめのサウナをご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。サウナ、銭湯、水風呂、銭...
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
日本サウナ・スパ協会から“大使”に任命されているマンガ家タナカカツキとTABI LABO代表久志尚太郎による「サウナ対談」。サウナにハマる理由、サウナで「...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
これまで「恐竜のタマゴは白い」と言われ続け、多くの研究者も疑うことなくそう思っていたはずなのに、オンライン学術誌「PeerJ」で、まさかの青緑のタマゴが公...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。