東京の少し先にある街、ロンドン -白木夏子-

ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。

2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」と感じるプロダクトがたくさんありました。

ロンドン滞在中は学生の傍ら、とある会社のマーケットリサーチャーとして仕事をしていました。その時に定点観測していたものが、3年後、5年後、10年後に、日本に上陸してきています。

フェアトレード認証のついた
プライベートブランドの「チョコ」

たとえば大手スーパーのプライベートブランドによるフェアトレード製品。イギリスには高級志向の「Waitrose」や庶民派の「Saintsbury’s」、低価格の「TESCO」といったスーパーがありますが、どのスーパーにもプライベートブランドでフェアトレード認証のついたコーヒーや紅茶、チョコレートが展開されていました。

日本ではイオンが2015年にアジア初、プライベートブランドでのフェアトレード認証チョコレートを発売しています。

かくいう私が大いにインスパイアされたエシカル(倫理的・人や社会、自然環境に配慮したもののことを指す)な製造過程を踏んだファッションブランドやジュエリーブランドも、小規模ではありましたが、ロンドンにいくつか存在していました。これについては、2009年に「HASUNA」がジュエリーブランドとしては日本で初めて展開しました。

オリンピックをきっかけに
食と健康への意識に変化

昨年足を運んだ際にも、まだ日本にはなくてロンドンだけにあるものがたくさんありました。とくにヘルスコンシャス(健康志向)でオーガニックな食品類は、私が住んでいた頃と比較すると随分増えていて、ロンドンオリンピックを境に食と健康に対する意識はかなり高まったなあ、という印象。

現地の人の話によると、イギリス人シェフのジェイミー・オリバーさんがかなり貢献したようです。

ロンドンオリンピックは2012年に開催、東京も2020年に向けて様々なところが変化している最中だと思いますが、これから日本で起こること、そして流行るものを見つけるのなら、ロンドンに行くと少し先が見えるのかなと思います。

ロンドンで
気になったのがこの3つ

01.
ココナッツヨーグルト

すでに東京にも入り始めていますが、まずひとつめは「ココナッツヨーグルト」です。スーパーや、プレタ・マンジェという健康志向が高めのカフェチェーンで気軽に購入できました。乳製品を使用せず、植物性のもののみ使用されているので、動物性脂肪を避けたい方にはぴったり。味もさっぱりしていておいしいです。

02.
おいしいサラダのランチボックス

ランチは軽めにサラダで済ませたくても、なかなか東京では表参道や六本木などの一部地域を除いて、フレッシュでおいしいサラダのお弁当が手に入りづらいかなと思います。炭水化物も摂りたくないし、お肉も食べたくない、という時に、大きなサラダのこんなランチボックスが東京のコンビニなどで手に入るようになって欲しいなあ、と心から思いました。できればオーガニックで…。

03.
罪悪感フリーのスイーツ

たとえばカフェひとつとってみても、ロンドンにはグルテンフリー(小麦粉などのグルテン不使用)のブラウニーや、白砂糖不使用のお菓子、スーパーフードを使用したプリンなどが多く、ヘルスコンシャスな食生活を送るのに選択肢がとても多いと感じました。スタバにさえゴジベリーとチアシードを使用したスイーツがあったのは驚きです。日本でも徐々に砂糖不使用のお菓子などが増えていますが、まだまだこれから、というところだと思います。

このような話をすると、食品業界の関係者の方からは

「結局コッテコテの高カロリーの甘い粉もん(パンケーキとかエッグタルトとか、小麦粉と白砂糖、卵をたっぷり使ったもの)がいつまで経っても人気だからねえ」

と言われてしまいますが、ロンドンの状況を見ていると意外とそうでもないのかもな、と少し希望を持っています。

他の記事を見る
ジュエリーブランドHASUNA創業者の白木夏子さんと、ノマドワーカーの先駆けである安藤美冬さん。「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プ...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
ギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもある鎌田安里紗さん。10代、20代を中心に支持を集める彼女はエシカル・プランナーでもあり、多数のファッシ...
エシカルジュエリーの日本での第一人者である白木夏子さん。中南米などの鉱山から素材を自ら調達するという行動力、そしてジュエリービジネスを通じて途上国鉱山での...
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
フランスで200年間愛され続ける代官山にあるパリ生まれの総合美容ブティックOfficine Universelle Buly〒150-0021 東京都渋谷...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
乳首をモチーフにしたブローチなどを販売している「Pretty Ugly」。以前、Free the Nippleというムーブメントが盛んだった頃に注目されま...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...