試験管に小さな街を詰め込んだ作品「MICRO MATTER」

アムステルダムのクリエイター「BYROSA」は、小さなジオラマを細長い試験管の中に詰め込んじゃいました。「Behance」に投稿されたことで人気を集めた幻想的な作品「MICRO MATTER」を紹介します。

まるで浮遊しているかのようにも感じられる見た目。もちろんすべて手作りです。

材料には木の枝や人工の苔などを使っています。ちょっとハイレベルですが、手先が器用な人にとっては大人の工作として自分で挑戦してみても魅力的かもしれませんね。

梱包もかわいい!残念ながら今はまだアムステルダムでしか販売していないようですが、近々インターネットでも購入できるよう準備を進めているそうです。気になった人は彼女のInstagramをフォローして今後のニュースを要チェック!制作風景を撮影した動画などもあるので見てみてね。その他にも様々な作品がWEBサイトで見れます。

Licensed material used with permission by BYROSA
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
図書館や公園、プールなど、あらゆる所で踊りまくる。そんな子どもたちの姿に驚きました。場所の意外性もあるけれど、小さな体から放たれるパワーに圧倒されたからで...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
7月29日(土)・30日(日)に倉敷市水島で行われる「第61回 水島港まつり」の一環として展示されている「MIZUSHIMA アンブレラスカイ」。この展示...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウ...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
満を持して日本にやってきたスピーカー「LectroFan micro」は、「ホワイトノイズ」を発生させ、心地良い空間を生み出します。「ホワイトノイズ」とは...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...