あえて「電波ゼロ」の圏外にレストランを開いてみたら、人と人とがつながった

いつ、どこでも、つながれる、それが今の時代のキーワード。たとえ、それが食事中であったとしても。だから、それが家族との食事であれ、仕事上の会食であれ、友人との飲みの席であれ、携帯の電波が悪いお店はなんとなくマイナス。こんな評価を下したことがあるのでは。

では、もしもスマホが全くつながらない場所にレストランがあったとしたら…。これは、アメリカのカトラリーメーカーが企画制作した実験動画です。

ヒルサイド、洞穴、地下の貸金庫
「圏外レストラン」に長蛇の列

5656e3a891e1ed5f868238dfc05c045995c272e3365599643dee5d0f17cdeafe32def080d67687494f9dee48b0ebdcf720132a2a639df21c13d24e4b

この夏、3日間限定でオープンした3つのレストラン。名付けて「Dixie Deadzone Diners」のコンセプトは、Great Food, No Service。もちろん、ここで言うところのサービスとは携帯の電波のこと。携帯やスマホの電源をお客に切ってもらうのではなく、電波の届かない場所(レストラン)にお客を招くことが目的です。

そのためスタッフはLA中をくまなく廻り、専用の受信機を使って電波が1本も届かない圏外エリアを足で検索。こうして3か所が選ばれました。例えば、サンタモニカ近郊のヒルサイド、ハリウッド郊外にある洞穴の内部、そしてダウンタウンの銀行の地下にある貸金庫。

いづれの店もたったひとつ、ある決まりごとがありました。それが「Put down your phone and Pick up where you left off.(スマホを置いて、これまで手放していたものを見つけよう)」。まあ、どのみち元から圏外になる場所ばかりですけどね。

おいしい料理も話題性も
SNS投稿すべてゼロ

Ed691d6e43345c2dfd06b3cb0ba4ba7998d1db8cF742b358fae7f27343bd99a186be57f740351a2264fb02a6cbadd95f3b558b9095daa659eb5d06d0

3日間でのべ1000人以上が訪れたレストランでは、特別なメニューが提供され、その場で初めて出会ったお客同士が共通の話題で盛り上がり、目と目を合わせたコミュニケーションが行われたそうです。

では、どんな料理が提供されたか。それもこれも、すべてこの場に足を運んだ人たちだけのとっておきの秘密です。なぜってスマホの届かないレストランですから、当然ツイートも、写真をアップしてのインスタ投稿も、いいねだってみんなゼロだった、というのがこの話のオチ。

D44edf84e75986da5059c6f6d4f8060d257bf70c

「あえて電波の届かない場所を選ぶ」、という選択肢。日常の中でも、ときにこうした“デッドゾーン”に意識を向けることが必要なのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Droga5
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
「Elite Daily」のこの記事の論点は、恋人にスマホを見せ合えるか否かというもの。ライターDan Scotti氏の主張は、「恋人には隠すべきじゃない...
マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ...
「一切のムダを出したくないので、レストランをはじめます」。 そんな型破りな宣言とともに突如ブルックリンに現れた“残飯”レストラン「Saucy by Nat...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
夢占いにおいて「電話やスマホ」は、コミュニケーションや人間関係を暗示するアイテム。例えば、こんな夢を見たことはありませんか?1.電話がかかってくる夢は、人...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
料理やメニュー、店内の写真とともにお店の評価を書きつらねる。そんなありふれたレストランレビューのなかで、ひと際異彩を放つのがこの動画。口コミのレストランレ...
32歳にして小学校教師から料理人へと転職を果たし、わずか6年でトップシェフとなった鳥羽周作さん。東京・代々木上原の「Gris」は、人生を豊かにかえる味と時...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的な普...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。