キュートなフォルムに多彩な機能!北国仕様の「バイシクルカー」に目が点

ミニカーのような外観が目を引くこの乗り物。かわいい外観やネーミングとは裏腹に、むっちゃ多機能で高スペックなのです。

ドリフトで登場!

57034b9db2c655a122542d6275ab33b03184b1c1

ドアが前にオープン!

58250ce26e2f715142ac80721a2ac78be55c61c5Da0c3ac65856f6b92b36bd800c1773305a09dd37

「私は、マイケル。この車のデザイナーです」。

なんてクールな現れかた!しかし、それだけではありません。実際の車両のスペックを見てみましょう。

D6a343fc80f9a62c51675e9b15fd972e5347f3c0

まずシートのクッション性が抜群。乗り心地も安心です。

64e7e7e8695a1e26d0e986fae4945b6cd10e6107

エンジンは?というと、その正体は電動アシスト付きの自転車。250Wのモーターが付いており、距離にして60kmほどまでサポートできます。

Bf267fd00d7b87bd29c8bb051c96b49a0eac9da5

方向転換やブレーキの機能は両サイドにあるハンドルに集約。

0e9aa85866d18453309e2f66bb874102b03ab213

シートの裏には、小型の暖房が装備されています。雪国仕様ですね。

A4d4551f2f5b305242f81b0521ca49e92112f966

ワイパーは手動。

7569feddb5cc804b8cb19cf188df063c9d5808c4

前方の窓を開けられるので、フレッシュな空気を吸いながらドライブできます。

E7a9ebac624247ea65ec2e6fc77d51abaad750bc

エンジンを冷却するためでしょうか、吸気口も付いています。動力の半分はマイケルさん自身ですが、きっとターボ並みの気合で走る時に必要不可欠となる機能でしょう。

両サイドのライトだって見せかけではなく、ちゃんと光りますし、ウインカーだって。

E96c897fbccd88ddf48d30a36f5dd97ac629aec5

では、早速その走りをば。

小回りが最強!

Bd87c18c7f4e2aca21d9193616f97dd75518aedf

細身のボディが存分に活かされていますね。

トップスピードは25km/h

Bcfe49b8039529f39f83f8f4d359f44da69bc4a6

結構速い!しかも、基本的には人力ですから、本人のがんばり次第で限界突破することも夢じゃありません。

2c337b2083aaeb3d77e93c4c8c043e331fffd8e5
14段ギア付きで、電動アシストがあるので、急な坂道もすいすい。車体の重量が70kgあることを考えるとなかなかにパワフル。
Cb46941a02864dd63f0b79fd8aba1790460472de

手動との切り替えも自由自在。エクササイズにもGOODです。

設備は至れり尽くせり!

A2b6d4bff9cacc87daa4ad99b72a96e5944aeaca

トランクがあるのでお買い物にも便利。

0eb4bb3c164f93305bcefbba6fc76edc6cad777f

トレーラーだって牽引できます。

1f16f916b8f87207f9e4a8673d529ebf60c56049

車体の高さは180cmで、乗り心地は乗用車とほぼ同じ。「INDIEGOGO」で資金調達中ですが、この形状や走りっぷりが受けて、YouTubeでは再生回数が約120万回を超える人気ぶり。

ですが、肝心な資金調達の達成率は2016年4月16日時点でまだ12%ほど。車体の事前予約はできず、購入時に受けられる各種ディスカウントなどが投資の見返りとして用意されています。

雨や雪が多く、自転車に乗りやすい環境とはいえない天候のスウェーデンですが、それでも乗りたい!とつくったのがこの子だとマイケルさん。

「今、世界では、年間190万台にも及ぶ自転車が売れています。だからこそ、このマーケットにはポテンシャルがあるはず。20〜30年後には、PodRideのような乗り物がたくさん売られているのではないでしょうか」。

と、「PodRide」の将来に大きな可能性を感じているようですよ。一連の動作はぜひ動画で!

Licensed material used with permission by JMK-Innovation
だから、彼女たちは「可愛い」のか。
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
3月、デンマークの首都コペンハーゲンから鉄道に乗って、南スウェーデンを訪れました。スウェーデン人のご主人と結婚した友人・エンニがルンドという街に暮らしてい...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
通常は幅78cmに長さ160cmという1人乗り用自動車ですが、この「iEV X」は車体が伸びる仕様になっているんです。
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
お金を入れないと点灯しない仕様。むか〜し旅先にこんなテレビがあった気がしますが、光やエネルギーの価値について改めて考えさせてくれる、ちょっと不便なところが...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
その重さ、わずか500g。スマホでの操作も簡単で、なんと4K動画まで撮影できる。そんな驚くべき機能を備えた、プロ仕様のドローンが登場した模様!スマホ操作・...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
「PolarSeal」は、腰と背中が物理的に発熱する仕様。袖口のボタンを押すことで、、低温、中温、高温を調整し、「腰だけ」「背中だけ」「両方」を切り替えれ...