「万引き犯」を盛大に皮肉るスウェーデンのおもしろ対策

スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が粋な方法で万引き防止に乗り出しました。

店の出入り口にあるデジタルサイネージとアラームを接続し、タグがついたまま商品を持ち出そうとする人に反応して鳴ったアラームとともに、豪快な紙吹雪をまき散らすというもの。

そして、デジタルサイネージの画面には「Oh no! Seems like someone forgot to pay」という文字が。犯人をダイレクトに責める代わりに「誰かが支払いを忘れたみたい」という軽快なジョークで皮肉っているのです。

この“紙吹雪攻撃”は、警告だけではなくKlarnaのオンライン決済アプリのプロモーションも兼ねています。

これじゃぁ犯人も思わずポカ〜ンですよね(笑)

Reference: 2018 Klarna/YouTube
Top image: © iStock.com/mfto, iStock.com/greatideapl
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。