一流の「減塩習慣」を身につけるために。健康力の養い方。

「予防医学」の観点から長い生涯を快適に過ごすために、医学的根拠に裏付けられた健康力を養う秘訣を紹介する書籍『「健康力」に差がつく 一流、二流、三流の選択』(幻冬舎)。

消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が低い人を三流、正しい知識を持って自分の生活習慣を整えている人を一流とし、病気や体調不良にならないカラダづくりについて紹介しています。

ここでは、そのひとつ。「塩分のとり方」を見ていきましょう。

ラーメンは汁まで完食
塩分のとり過ぎがもたらすもの

40代男性のAさんは今年の健康診断で初期の高血圧であるとわかり、医師から塩分を控えるように指導を受けました。

Aさんの場合、塩分の摂りすぎといわれて思い当たる節はありました。ランチで週3回以上ラーメンを食べており、汁まで全部飲むのが習慣だったそうです。塩分の多い麺類の汁は残すように指導されましたが、「もったいないし、食べた気がしない」となかなか習慣を変えられずにいます。

高血圧の原因だけではなく
胃がんのリスクも向上させる

Aさんのように糖質や塩分の多いラーメンを常食しているという人は三流です。

ただ私がここで言いたいのは、ラーメンを食べてはいけないということではありません。ふだん健康に留意して節制している人も、たまにはお楽しみでラーメンを食べる日があってもいいと思います。大事なのは「なぜ塩分を控える必要があるのか」を理解して、食べる回数などを調整できるようになることなのです。

塩分というと、一般には「血圧を上昇させ、高血圧の原因になる」ことが知られています。高血圧になると血管が硬くなったり、もろくなったりする動脈硬化が急速に進みます。やがて脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気につながる可能性もあるため、医師からは塩分を控えるように指導されます。

少々血圧が高いくらいでは自覚症状もないために油断して、結果的に食生活を改善できない人も少なくありません。

しかし、塩分が原因で引き起こされる病気は、高血圧や動脈硬化だけに留まりません。塩分の過剰摂取は胃がんのリスクも上昇させることをご存知でしょうか?

塩分の摂取量と胃がんの発症率には相対関係があります。日本国内でも、東北地方や北陸などの日本海側の地域は胃がんの発症率が高い傾向にあります。これらの地域は、歴史的に漬物や塩蔵品などで塩分を多く摂る習慣があるのです。

現在、日本人は塩分を1日平均10~12グラムほど摂取しているといわれますが、胃がん予防には、塩分摂取を、男性は1日8グラム、女性は7グラム未満にすることが推奨されています。ラーメンは1杯で4~6グラムもの塩分を含みますので、それらを控えるだけでもかなりの減塩が可能です。自分はAさんタイプだという人は、胃がん防止のためにも、ぜひ食べ方や回数を見直してみましょう。

効果的な減塩方法

どんな食品に塩分が多く含まれているか一度把握してしまえば、1日数グラムの塩分カットは難しくありません。塩分が多い食品は食べる回数を減らすほか、市販の加工食品については食品表示の塩分量をよく確認して選ぶようにすれば一流の減塩習慣が身につきます。

食品の成分表示が「ナトリウム」となっているときは、ナトリウム値に2.54をかければ、塩分量になります。

私(著者)がおすすめするのは、家庭で使う調味料を「減塩味噌」や「減塩醤油」に変えることです。そうすれば調味料の使い方を変えなくても、効果的に減塩ができます。

【ポイント】

一流の選択をするなら……

加工食品の塩分に注意

調味料は「減塩」製品に変える

関連する記事

体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。ということで、消化器の内視鏡専門医である平島徹朗さんの著書『「健康力」に差が...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
肥満な体型は、体に不健康なのは知られている。では、十分な運動をする肥満な人と、運動をしない標準体型の人は、どっちがより健康的?
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのきび糖だけでつくる、Bean to Barチョコレートの専門店「ダンデライオン・チョコレート」が新たに開発したプ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 「一流の男」になるための虎の巻(?)をご紹介します。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
株式会社シグナルトークが、市販食品の健康への影響を判定するヘルスケアアプリ「FoodScore」をローンチ。
「睾丸をほぐす」ことで不調改善をはかる『睾丸ほぐし健康法』が日本文芸社より発売。95%が睾丸で生成されるホルモン「テストステロン」が減少すると、「やる気や...
「アダストリア」が、選べるデザインが限られる人に向けた服を開発・販売するインクルーシブファッションサービス「Play fashion! for ALL」を...
ファーストクラスでお目にかかった方々が皆さん一流だったかというと、残念ながらそうとは言えません。その違いはなにか?拙著『一流になれる人、なれない人の見分け...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
歩数記録アプリ「スギサポwalk」を通じて、2020年6月末まで無料でさまざまな医療・健康上の疑問や不安を専門医にチャット形式で相談できる。
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
「国際女性デー」に向けたチャリティーラン「WHITE RIBBON RUN 2021(ホワイトリボンラン)」が、1月20日までエントリーを受付中だ。

おすすめ記事

「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
アメリカ人男性が考案した「腕立てふせ動画」の効果に驚く人が続出!どうやら、トレーニングをやめたくなくなる秘訣があるのだとか。やり方はカンタン。「Viral...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
明日のためにと早くベッドに入っても、なかなか寝つけないという人いますよね?私もそのうちのひとり。そんな人のために、就寝前に試せる5つの呼吸法を紹介します。
運動初心者にもおすすめの、自宅でできる話題のトレーニング「HIIT(ヒット)」。ランニングより効率よく脂肪を燃焼できる秘密や、やり方、ルールなどを人気パー...
トレーニングをしている人にとって、何かと悪者扱いされがちな「おやつ」は、じつは上手に取り入れると、むしろダイエット成功への近道に。その理由と、具体的な取り...
「Makuake」にて先行販売を実施中の「MUZOSA X-PAC」は、素材に「X-PAC」を採用し、耐久性、防水性共に優れ、しかも軽量。鍵、紙幣・硬貨、...