ルールを無視しているのに、健康的な人に共通する「7つの習慣」

医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運動、じつはそれ自体がそもそも間違いっていうの!?

彼女の紹介する「定説を無視しているのに健康な人の10の特徴」より、日本人にもこれは意外!と思える7項目をピックアップしてみました。

01.
糖分だってOK!
我慢しないが一番

shutterstock_158089307

医学博士のMark Hyman氏はこう断言します。「砂糖はテキーラのような娯楽のひとつ」。人間はみんな糖分が好きで、そのようにプログラムされているんだそう。体が砂糖を欲したときは、摂取する方が健康的。強制的に排除しようとするのではなく、過度に摂取しなければ大丈夫だってことです。

02.
常に8時間睡眠なんて不要

神経睡眠医学の専門家W. Christopher Winter博士によると、多少睡眠時間が短い日があっても「人体に支障はなし」だそう。インソムニア(不眠症)に悩まないかぎり、夜の眠りが足りなければ、効果的に昼寝をして、気分がリフレッシュできれば問題はないと後押ししてくれています。

03.
健康になるために
コーヒーを飲む!?

shutterstock_282759554

もしも、水よりコーヒーやお酒を多く飲んでいるようならば、当然少し控えた方が体のため。でも、毎日カップ1杯のコーヒーや、グラス1杯のワインを飲むことは、健康的にいいこと。

ある優秀なアメリカの3人の医師に「健康のためにコーヒー飲むか?」と尋ねたところ、全員が「イエス」。もっと詳しく知りたい方はこちらの動画から。

04.
集中力と体力維持に
炭水化物を欠かさない

「炭水化物=悪いもの」この考え方が、いつの間にか既定概念のように定着してしまいました。ですが、パレオ式ダイエットトレーナーのRobb Wolf氏は別意見。持久力が必要なアスリート同様、炭水化物の重要性を訴えています。

炭水化物が不足すると脳の働きが鈍り、集中力も低下。さらにはスタミナ切れを引き起こし、疲れやすい体に。

05.
毎日運動は厳禁!
休息日をつくる

shutterstock_225967027

オリンピック出場経験のある競泳選手に行った、ある疲労回復度をはかる研究で、「シーズンが終了して約半年間休んだ後でさえ、疲労の痕跡が残っていた」ことが判明。体力の回復には、それほど時間が必要ということでしょう。

健康のためにと連日、“運動漬け”は逆効果。ときには休息も賢い選択なのです。

06.
比較はあなたを
ダメにするだけ。
他人と数字を比べない

ダイエットに励む友だちと、体重や体脂肪率、ウエストのサイズを比べることほど無意味なものはありません。

他人との比較して、いちいちイライラしていては、創造性や幸せまで台無しにしてしまいますから。数字は自分と比べるもの。他人を褒めることこそ、健康への第一歩。

07.
時間を無駄にするだけ
カロリー計算は不要

shutterstock_4130167

食事で最も大切なことは品質。カロリーではありません。カロリー計算のために、どれほど人生の時間を無駄にしているかを理解することです。

レコーディングダイエットというメソッドもあります。もちろん、短期的にカロリーを記録していくことはいいことでしょうけど、そればかりに囚われ、ただ続けるよりもバランスの良い食生活を。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するので...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
米国カイロプラクティック協会によると、腰痛はよくある欠勤理由の1つであり、アメリカで働く人の80%は過去に腰痛と闘ったことがあるといいます。その上、腰痛は...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
デスクワークをしていると、つい運動不足になりがち。オフィスで隙間時間にエクササイズができたらいいのに、と思う人もいるかもしれません。そんな人の強い味方……...
毎日を健康的に過ごすためには、体と同じように脳にも運動が必要です。ほんの数分だけでも頭の体操をしてみませんか?思考力と記憶力を意識的につかうことで、心を落...
健康的で、幸せな人生を歩むこと。それは誰もが望むものではないでしょうか?ライターのKristy Rao氏が、そんな願いを実現する25の習慣を「mindbo...
本当に優しいのかどうかは、あえて「していない」習慣から見てみよう。蚊帳の外の人を無視する、他人の時間を無駄にする、自分の意見を押し通す等は、本当の優しい人...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
明日からでも、やめましょう。
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
世界トップクラスの女性ビジネスパーソン12人に共通している習慣があると「Forbes」で話題だ。第1線で活躍している起業家、デザイナー、ドクター、ジャーナ...
「幸せになるのは、どうしてこんなに難しいのだろう?」女性が生きやすい世界に向けての活動を行うTamara Star氏がこの問題について言及した記事を紹介し...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
運がいいかどうかは、もともと決まっているのではなく、努力や習慣によって変えられることも多いようです。運がいい人に共通する特徴や習慣を知り、それらをマネして...