「心の知能指数」が高い人に共通する、7つの習慣

「クリエイティブでイノベーティブな発想とは、生まれ持った特性ではない」

そう書いているのは、心理学業界で精神の成熟度を測れる指標として知られている「EQ(心の知能指数)」に詳しい専門家のデュッセンドルフ氏。彼によれば優秀なイノベーターにはいくつか共通する習慣があるそうです。

なぜ、革新的なアイデアが生まれるのでしょうか?毎日の行動の特徴に隠された要素に気づくことで、その答えが見えてくるかもしれません。

01.
エゴを殺して
冷静に最善を導き出す

B60cc9cf25b341a99ac687f2b79b451d54943b92

EQが優れている人々に共通していることは、自分の心の中"だけ"にある正しさを制御できる点にあります。それは、簡単に言えば他人のアイデアにオープンであるということ。

彼らは、自分の考えが常に最善だとは思っていません。そのため、知識を広く吸収することができ、集まってきたデータを広大なソースとして自分の中に蓄積することができます。

それは、どんなことも広い視野を持って冷静に分析できる能力の表れです。人気や称賛を目的とした派手なだけのアイデアの罠にはまることなく、本質を見抜くことができます。

つまり、人の話をフラットによく聴く人ほど革新的なアイデアを生む素養を持っているということです。

02.
絶対的な自信があるが、
決して傲慢ではない

もちろん、自分のアイデアを過信することがないというだけで、自分の行動一つひとつに信念を持っていることは確かな要素。だからこそ革新が生まれます。

これには、失敗を一時的なものとみなす考え方が大きく関係しています。たとえばこういうことです。

「うまくいかない方法を特定し、また一歩成功に近づいた」

つまり、成功する方法は、成功しない方法を全て特定するということでもあるんですね。

03.
出会いに
いつも"ワクワク"してる

E0aa4263d9cb8bf75ff418e7e7c3dd702ed629a0

好奇心はもちろんのこと、出会った人々が描いている大きな構想や、それを実現するための課題にとても強い興味を持っています。

新しいアイデア、新しい情報を常に追い求めては知識の基盤を拡大します。

あらゆる機会、見知らぬ人、会話、参加するイベントやランダムなパーティー。常に何か新しいことを学ぶための機会に貪欲なのが彼らです。

04.
優れたリスナーであり
空気を読む能力に長けている

とても聞き上手なことも特徴の一つ。会話から情報をピックアップし、情報を処理する能力が高い特徴があります。さらに、リラックスして内容を消化できるため、言葉以外にも声のトーンやボディーランゲージ、その背後にある様々な"空気"を認識することができます。

この能力があることで、人一倍貴重な情報を感知・吸収できるだけでなく、話者との強い関係性を築くことができます。

人はみんな自分の話を聞いてほしいもの。聞くために時間と労力をとってくれる人に惹かれるのは自然です。だからこそ、革新的なアイデアを受け入れてもらえる土壌を育むこともできるのです。

05.
アイデアから感情を
"分断する"

2dbbed16c0789e6a7781639cc862581ea5ae6c41

端的に言えば、自分のアイデアを守ろうという意識が必要ないということ。

前述した通り、感情的に知的であると言える人にとっては、失敗はプロセスです。自分の考えを高めたいと考えているため、間違っていることが証明されたアイデアを守る必要はない、と考えます。

06.
ケンカにならない方法で
意思表示できる

EQの高い人は、鋭い感覚を持ちながら意見の違いを衝突しない方法で伝えることができます。

攻撃的な自己主張ではなく、あくまで意見を提示すること。そうしながら、議論の道筋や流れを導くことができます。

07.
イノベーターとは、ズバリ
「共感してくれる人」である

49cb0271597897a6a0e3518bb0c2632c68099fba

知性の高い人といるのは、快適です。なぜなら、相手のニーズを理解する能力が高いから。それは優れた共感力を持っている証拠でもあります。

革新的な発想を得るためには、もちろんその状況を正確に理解することが必要。大切なのは結果がどうなるのかではなく、周囲がどう感じているのか、どんな考えを持ち、どんな答えを欲しているのかをちゃんとわかってあげられること。

こんな言葉があります。

「あなたはきっと、相手にどんなことを言われたのかはっきり覚えてはいないでしょう。でも、どう感じたかは覚えているんです」

Licensed material used with permission by HARVEY DEUTSCHENDORF.
Harvey Deutschendorf is an emotional intelligence expert,author and speaker.
To take the EI Quiz go to theotherkindofsmart.com.
知能指数を表す「IQ」とは、似ているようでちょっと違う「EQ(感情指数)」。EQは、自分の感情をうまくコントロールできるかどうかを示す、いわば「心の知能指...
「Elite Daily」のライターAlexia LaFata氏は、著名な心理学者が提唱する心の知能指数(EQ)を向上させる方法を紹介しています。憧れのあ...
感情の知能指数「EQ」に関する情報を紹介するwebサイト「TalentSmart」からメンタルが強い人についての記事を紹介します。様々な調査や研究を元に考...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
昨今よく取り上げられる「EQ」。これは、自分と周りの感情をうまく読み取ることができて、適切な行動をとれているかどうかを基準を表す「心の知能数」。この指数が...
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
心の成熟度を測る指標「EQ(心の知能指数)」に詳しいトラビス・ブラッドベリー博士が、人に好かれるための13の秘訣を紹介しています。「好かれる」って、実は生...
心理学者エレイン・アロン氏の研究によれば、神経質な人は、“考えすぎる”ことで悪循環に陥りやすいようです。しかしながら彼らは、EQ(心の知能指数)が高く、自...
「Inc.com」で公開された記事「この7つの質問に『Yes』と答えられたら、あなたは成功している」は、常に高みを目指しているビジネスパーソンにだけ紹介し...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
いくつもの作業を一気にまとめて片付けようとすると、効率がよくない。よく耳にする話です。MITの神経科学者アール・ミラー氏は、脳内で行われている作業について...
ポイントは、「イライラしたとき」の対処法。
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
学校に通っていたときは成績で知性の背比べをしていましたが、名誉ある心理学者Howard Garnerさんの言葉を借りると、「結局のところ、標準テストは一種...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
人生にはたくさんの試練が待ち受けています。あなたはその試練に立ち向かう強さを持っているでしょうか?どんなことにも物怖じしない、そんな強いメンタルさえあれば...
「頭がいい人」というと、数学が得意な人や語学が堪能な人を思い浮かべるかもしれません。しかし、Mark Vital氏が「Funders and Founde...
「WittyFeed」のFacebookで興味深いイラストが紹介されていました。それは、成功する人としない人の、行動や習慣の違いをシンプルに表したもの。画...
上司、先輩、後輩、同僚、誰でもいいけれど、周囲にひとりは常に高いパフォーマンスを発揮している人がいませんか?記事内では、彼らが何を習慣にして、心がけている...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...