空気を背負う感覚!?「反重力バックパック」誕生

いま使っているバックパックを重たく感じている人は要チェック!“空気を背負う感覚”をウリとするバックパックが誕生した。

Xero Backpack2.0」は、台湾の「Buron Creative Group」社が独自開発したマルチチャネル空気圧分散システムを搭載した一品。

肩の負担を軽減するためのエアセルがヘキサゴン型に配置され、効果的な空気圧に調整してくれるという同システム。負担を効率よく分散し、体感重量を大幅に軽減。重い荷物からあなたを解放してくれるのだとか。

バックパック内の気室(コンパートメント)は1~3気室に変更できる。オプションで用途別に3種類用意されたバックパネルの付け替えも可能だ。

収納ポケットが豊富で、正面左側面にはクイックアクセスも。ファスナーを開ければ内部の荷物をすぐに取り出せるため、カメラの収納場所などに最適だろう。キャリーバッグへの搭載もできるため、出張や旅行の移動も簡単そう。

現時点での価格は1万6200円(税込)、購入は「Makuake」にて。

©Makuake
©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ありそうでなかったバックパックの登場です。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
アメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く、スマートバックパックの販売を手がける「SwissDigital Design」から新作「Cosmo 3....
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
スマホとコネクトするアクセサリ「Jacquard by Google」を搭載したバックパックが「サムソナイト」から登場。ショルダー部分にジェスチャーするだ...
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
バッグ一筋10年の「WOHLBEGE」ブランドから、紙素材の超軽量バッグが登場。耐久性に優れており、紙素材でありながら防水性能まで完備。
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
「TAKEOUT BAG」は、ニオイを押さえながらテイクアウトするものによって3通り(トートバッグ、バックパック、手さげ)の使い方ができるターポリン製のバッグ。
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
スイス発のバッグブランド「FREITAG」が、サイクリストに向けたキャンペーン「#ridewithfreitag」を開始した。10月31日まで最大で2週間...
いつでもどこでも手軽にハンモックが楽しめるバックパック「HackedPack V1.1」が応援購入サービス「Makuake」で今月27日まで特別価格で購入...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
バックパック、メッセンジャーバッグ、ハンドバッグ、クラッチバッグの4スタイルでの使い分けができる「Unico」の紹介。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...