空気を背負う感覚!?「反重力バックパック」誕生

いま使っているバックパックを重たく感じている人は要チェック!“空気を背負う感覚”をウリとするバックパックが誕生した。

Xero Backpack2.0」は、台湾の「Buron Creative Group」社が独自開発したマルチチャネル空気圧分散システムを搭載した一品。

肩の負担を軽減するためのエアセルがヘキサゴン型に配置され、効果的な空気圧に調整してくれるという同システム。負担を効率よく分散し、体感重量を大幅に軽減。重い荷物からあなたを解放してくれるのだとか。

バックパック内の気室(コンパートメント)は1~3気室に変更できる。オプションで用途別に3種類用意されたバックパネルの付け替えも可能だ。

収納ポケットが豊富で、正面左側面にはクイックアクセスも。ファスナーを開ければ内部の荷物をすぐに取り出せるため、カメラの収納場所などに最適だろう。キャリーバッグへの搭載もできるため、出張や旅行の移動も簡単そう。

現時点での価格は1万6200円(税込)、購入は「Makuake」にて。

©Makuake
©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ありそうでなかったバックパックの登場です。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
アメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く、スマートバックパックの販売を手がける「SwissDigital Design」から新作「Cosmo 3....
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
スマホとコネクトするアクセサリ「Jacquard by Google」を搭載したバックパックが「サムソナイト」から登場。ショルダー部分にジェスチャーするだ...
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。