背負ったままで中身が出せる「バックパック」。秘密はスイング機能

一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、アメリカのアウトドア愛好家たちの間で評判を呼んでいます。

レバーひとつで
バッグが二分する!?

スクリーンショット 2015-09-01 11.12.42

一見するとベーシックなバックパック。ところが、トンデモない楽チンなアイデアを搭載した逸品。だって、いちいち背中から下ろさなくても、背負ったまま中身が取り出せてしまうのだから。実のところズボラでもなんでもなく、アウトドアで本領を発揮するための最適設計が施された、本格派ツールなのです。

スクリーンショット 2015-09-01 14.54.27

スクリーンショット 2015-09-01 11.16.10

肩ストラップに付属されたレバー(シャトルポッドリリースハンドル)を引くと、ワンタッチで「シャトルポッド」と名付けられた、バッグ下部(1/3の収納スペース)が、背中部から、ぐるっと前方お腹側にスイングして回ってくる仕組み。これがPaxis最大の特徴です。

hero-1024x542

どうです?このしなやかな動き。シャトルポッドに必要なモノさえ入れておけば、出し入れの手間が省けるでしょ?ちなみに、シャトルポッドの容量は2リットルのペットボトルと同等のサイズ感。

必要な時、さっと取り出せれば
自然の変化も逃さない

スクリーンショット 2015-09-01 13.59.12

スクリーンショット 2015-09-01 11.16.33

例えば、動画にも登場する釣りのシーン。ルアーやフライといった小道具もさっと取り出せて、これならアクティビティを中断する時間もわずかで済みます。もちろんトレッキングや山登りでも活躍必死。カメラやマップ、サングラスに双眼鏡、水筒だってワンタッチで手元にスーッといった具合。

Paxis生みの親はVierthaler夫妻。シアトルとバンクーバーの間に浮かぶ、大自然がそのままの姿で残るオーカス島に移り住んで30年の、大のアウトドアフリークです。自ら楽しむアウトドアライフを通して、機能性をとことん追求した結果、このこの2way収納を思いついたんだそう。

hero-1024x542

ありそうでなかったこの仕組み。ひとたびフィールドへと出れば、両手はいつでもフリーでいたいし、カメラでも水筒でも、「使いたいときにさっと取り出したい」。Vierthaler夫妻の機能追求は、そんな思いに端を発しています。この欲求、アウトドア好きならばきっと納得がいくはず。
アングラーでもハイカーでも、自然の中に分け入ったら、誰だって「逃したくない一瞬」があるのでは?

そうそう、小さい子どものいるパパママたちにもPaxisはおすすめ。タオルや水筒、お菓子、必要なときにさっと取り出せるのって、案外、重要なポイントですよね。

Licensed material used with permission by Paxis

「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ディープな英語を学べる「麻薬の隠語リスト」。アメリカの麻薬取締局「DEA」が毎年アップデートしています。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。僕の場合、バッグの...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で最高の音とお酒と空間を楽しむ「大人」のリアルな姿をスナップ。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
ブランドは〈if you have〉。ウルトラライトが根底にある作り手らしく、たったの48g。軽いです、中身がなかったら、背負ってることを忘れるぐらいの軽...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
この「FUKUNARY feat.MIKASA」は、広島に拠点を置くファクトリーブランド「fukunary」と、主にゴム製品を製造する化学メーカー「MIK...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...