「若手のビジネスマン」が使うべき「CHROME」のバッグ

サイクルカルチャーからスタートし、いまや様々なシーンで強い支持を得るブランド「CHROME(クローム)」がリリースした新たなモデルは、若手ビジネスマンにこそ使ってほしい逸品なんです。

ファッション性の高いデザインは
ビジネスの現場でも......

ストリートファッションやスポーツの世界で人気の高い「CHROME」のギアは、ビジネスのシーンでもその優れたデザイン性を存分に発揮しながら、抜群の使い勝手のよさを味わわせてくれます。

© 2019 TABI LABO

一般的なビジネスバッグとは異なり、ハンドル(ストラップ)がボディの短辺についた縦型の形状は、堅すぎずラフすぎない絶妙なカジュアルさでほどよい洒落っ気も感じさせます。

また、縦型なので、封筒やクリアファイルに入れた書類がバッグのなかに飛び出して折り目がついてしまうなんて心配もなし。

ビジネスシーンでのフォーマルなスタイルである「ハンドバッグ持ち」は当然のこと……

© 2019 TABI LABO

ハンドルが長めに設定されているので、トートバッグのように腕を通して肩にかけることも可能。歩きながらでも簡単に荷物を取り出すことができます。

また、縦に長く重心が低いことで安定感が生まれ、得意先へ急ぎ足で向かうときにもバッグがブラブラすることもありません。

© 2019 TABI LABO

さらに、背面パッドに配されたジップを開けてショルダーストラップを引き出せば、手荷物の多いときなどに嬉しいバックパック型に変形。

実用面だけでなく、近年流行している「スーツ × バックパック」というスタイルも楽しむことができます。

薄手のボディは満員の電車やバスでまわりの迷惑にもなりづらく、スマートな乗り降りが可能です。

こだわりの作り込みが実現する
高い機能性と利便性

自転車で市街地を駆け抜けて荷物を運ぶプロのメッセンジャーから20年にわたって愛されるブランド「CHROME」

圧倒的なタフさと高い機能性、そしてほかに類をみない存在感とデザインは、ビジネスシーンでの活躍が期待される「MXD COLLECTION」の「MXD PACE」も同じ。

ちなみに「MXD」とは「Mobility(機動性)× Durability(耐久性)」の略であり、そのシリーズ名が示す通りの注目のディテールが満載です。

© 2019 TABI LABO

そもそもは軍用に開発され、一般的なナイロンの約5倍の強度と高い耐摩耗性を誇るバリスティックナイロンを採用したボディは、どんなヘヴィユースにも対応。

メインのコンパートメント(収納スペース)は、ビジネスのシーンでも多用される13インチのノートPCがすっぽり収まるサイズで、収納口はジッパーでしっかりガードされているので大切な資料や書類を持ち運ぶときにも安心です。

© 2019 TABI LABO

二箇所設けられているフロントポケットのうちのひとつには、内側にやわらかなライナーが配されており、スマホや小型のタブレット端末、メガネなど、傷がつきやすいギアやアイテムをやさしく収納することができます。

© 2019 TABI LABO

もう一方のフロントポケットには、自宅や自室はもちろん、職場のロッカーやデスク、社用車の鍵などが固定できるキーリングを装備。

逆U字に配されたジッパー閉めればキー同士が触れ合う耳障りな金属音もしないので、重要な商談や打ち合わせの場でも気になりません。

© 2019 TABI LABO

カラーバリエーションは、どんなスーツや仕事着ともマッチする光沢感のあるブラックと、ビジネスシーンでもちょっとした遊び心を取り入れたい人にぴったりのベージュの2タイプ。

高いデザイン性と耐久性、そして充実の機能とディテールが満載の「CHROME」のビジネスバッグで最強&最高のビジネスマンを目指してください。

Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
スイムブランド〈SPEEDO(スピード)〉とスポーツライフスタイルショップ〈NEUTRALWORKS.〉のダブルネーム。
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...