6年間の思い出を形に。「土屋鞄」の「ランドセルリメイク」

小学校6年間を連れ添うランドセル。そんな相棒を、卒業後も手元に残せるサービスが「土屋鞄製造所」でスタートした。

「ランドセルリメイク」は、実際に使っていたランドセルを素材にして、職人が新たに小物として作り変えてくれるというもの。

や使い込んだ風合いなど、個性を活かしてリメイクしてもらえるので、当時の思い出を詰め込んだ愛着ある一品となってくれそうだ。

リメイク小物は5種類。かわいいミニチュアサイズのランドセルや、小学校の写真を入れたくなるランドセル型のフォトフレームタペストリーは、いつでも目に入るようお部屋に飾って。

背当ての部分を使ったシンプルなパスケースや、ペンケース・キーチャームセットは、通学や通勤など普段使いによさそうだ。

卒業年度を問わず申し込めるそうなので、子どもの頃に使っていた土屋鞄のランドセルがまだ残っているという人も大丈夫。

第1回の受付は4月22日まで。注文はWEBサイトからのみとなっている。

大人になってからも、思い出を側に......。ずっと寄り添ってくれるランドセルの新たな形を試してみてはいかがだろうか。

©株式会社土屋鞄製造所
©株式会社土屋鞄製造所
©株式会社土屋鞄製造所
©株式会社土屋鞄製造所
©株式会社土屋鞄製造所
Top image: © 株式会社土屋鞄製造所
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事