50年の歴史を持つ肌着が、ファッションになった。

ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。

特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラバーの間でも隠れファンが多いブランドです。

通常のラインナップは肌着が中心になっていますが、このニットTは、完全にファッションアイテム。

パッと見、シンプルなラグランスリーブですが、リブのない仕様で袖口や裾がクルッと丸まるのがポイント。裏地がチラッと見えてちょっとしたアクセントになるんですね。スウェットや厚手のカットソーのような感覚でデイリーに使えます。

「もちはだ」ファンはもちろん、未体験の人も、このニットTならワードローブにくわえやすいはず。

現在、クラウドファンディングサイト『Makuake』で資金調達中です。要チェック! 

C3898a91a5f67f12aac1a97abc9baa83076655b2D4d9dda85fbf47a26217e6768977e41515ed58cf0ee72983cb2e5bc10b2e2f3cb1fd04ed64c6a650

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
大正14年創業という老舗による自社ブランド。他のブラシを使ったことがないので、大きなことは言えませんが、幅広い繊維に対応できるように馬毛をミックスしていて...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
「NichePhone-S」は、SIMフリーでNTTドコモとソフトバンクの3G回線に対応しているガラケーです。主な機能は、通話、SMS、録音機能、Wi-F...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
〈KHATA(カタ)〉のストール。意外性たっぷりの色使いと高級感ある素材にハマってます。ネパールで製作されているということで、エスニックな空気感は漂わせつ...
スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティ...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...