ハイカーに人気の「山と道」。サコッシュの実力に注目です。

もちろん、自転車に乗る時にも便利だし、登山の際にもサコッシュは欠かせません。

でも、“コンパクトに必要な荷物を持ち歩く”というサコッシュの機能は、フィールドを選びません。

最近はタウンユースで使っている人も多く見かけますが、僕は仕事の時にも使ってます。打ち合わせなんかは、書類と手帳とペンだけをサコッシュに入れて。ランチなど、ちょっとした外出にもいいです。

愛用しているのは、〈山と道〉のサコッシュ。

ハイキングカルチャーを背景に持つブランドですが、青みがかったグレイにブラックのコンビというカラーリングが絶妙です。カジュアルからセミフォーマルまで、コーディネートの幅も広いです。同じラインでカラバリもたくさん出ていますが、このブランドのものはどれもかわいいですね。

一方、機能面での注目は、ストラップとマチです。

ストラップは、肩がけした状態で、片手でサッと長さが変えられるようになっています。歩いている時はもちろん、登山中でも、自転車に乗っている時でも、簡単に調節できます。

マチはブランドの商品ページによると9cmとなっています。広げると自立できるぐらいですね。サコッシュはコンパクトさを損なわないために、ほとんどマチがないものが多いので、これはありがたい仕様です。書籍とか、カメラとか、厚みのあるものも難なく収納できます。

シーンを問わずサコッシュを使いたいという人には〈山と道〉、おすすめです。 

植松正晃/エイ出版 デジタル・ディレクター
ジムでのトレーニングは週2〜3回。社内のトライアスロン部部長も務めるアスリート。本業では『趣味文CLUB』のマーケティング&商品開発に奔走中。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈山と道〉の「5-POCKETS SHORTS」は丈が短めでスポーティー。スマホを入れるポケットがサイドに配置されていることによって、動いている時も邪魔に...
埼玉発ハンドメイドのバッグブランド〈ripa(リーパ)〉のサコッシュは、「痒いところに手が届く」っていうのが、最大のポイントだと思います。
〈iTTi(イッチ)〉の「REMY SACOCHE」。外ポケットもなくシンプルです。カタチとしては普通のサコッシュなんですが、フランスの老舗タンナーによる...
「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
ファッションやアウトドアのシーンで人気の「サコッシュ」を超える勢いで話題となっている「チェストバッグ」。高い機能性と利便性、そしてなによりカッコいいスタイ...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
明日は山の日だからこそ、この「TREK TRACK」というデバイスについて知ってもらいたい。
山が大好き。そんな人、たくさんいると思います。その気持ちはきっと人の数だけありますが、イラストレーターの鈴木みきさんの気持ちは、すごいです。どうすごいかと...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました!西郷山公園の旧山手通り側入口にあるGreen Cafe ...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。...
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
茨城県・つくば市の筑波山にある「ガマランド」は、ただのB級スポットじゃありませんでした。廃墟と化した遊園地ゾーンの下にひっそりとある「ガマ洞窟」。その暗闇...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...