やっぱり、サコッシュは「ペットボトルが入る」に限る!

もともとはロードレーサーのために作られた背景があるサコッシュ。今やその利便性は自転車乗りだけのものではなく、ちょっとした外出やフェス、スポーツ観戦などでも大活躍。数年前からすっかり街の定番品だ。

すでに様々なブランドから多くのモデルが発売されているなか、本気で使える一品をピックアップして紹介していこう。まずはこちらから。

#01
FreshServiceのSACOCHE

©2020 NEW STANDARD

「日比谷セントラルマーケット」や「Graphpaper」など、さまざまなショップやブランドのディレクションを手掛けるクリエイティブディレクター・南貴之氏。

彼が世界中で作られているものを独自の視点で再構築し、新たな製品として提案するプロジェクトが「FreshService」だ。つい先日には、インダストリアルな蚊とり線香を発表し、話題を集めたばかり。

©2020 NEW STANDARD

FreshServiceのサコッシュは、スッキリとしたマチ無しのデザイン。シンプルな佇まいで、どんなコーディネートにも間違いなくハマる。

耐久性に優れたコーデュラナイロンをボディに使用した「MADE IN USA」。とにかくタフで軽い。

©2020 NEW STANDARD

何より嬉しいのは、メインポケットにペットボトルを収納できること。軽さや薄さばかりを追求したサコッシュは、ここが盲点になり得る。

この連日の猛暑だ。飲み物は常に携帯しておいたほうがいい。そんなとき、せっかくサコッシュで軽装なのにもかかわらず、「ペットボトルだけ手持ち」はやりきれない。どうせならとことん身軽でいたい。

©2020 NEW STANDARD

メインポケットのほか、フロントポケットがふたつ。スマートフォンや小物はここに入れてしまおう。

そうそう、じつはこのサコッシュ、ショルダーが取り外せてポーチとしても携帯できる。マスクケースとしてサブ的に使えるのも、まさにいま紹介したい理由のひとつだ。

カラバリも豊富で、価格は9350円(税込)。購入は公式オンラインストアにて。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
埼玉発ハンドメイドのバッグブランド〈ripa(リーパ)〉のサコッシュは、「痒いところに手が届く」っていうのが、最大のポイントだと思います。
大人気の〈山と道〉のサコッシュ。アウトドア、タウンユース、さらには仕事の打ち合わせまでをカバー。調節簡単なストラップとしっかりマチのあるデザインが強みです。
ファッションやアウトドアのシーンで人気の「サコッシュ」を超える勢いで話題となっている「チェストバッグ」。高い機能性と利便性、そしてなによりカッコいいスタイ...
〈iTTi(イッチ)〉の「REMY SACOCHE」。外ポケットもなくシンプルです。カタチとしては普通のサコッシュなんですが、フランスの老舗タンナーによる...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
O- の3D MESH BAG(TRIANGLE)は、バッグブランド「マスターピース」とのコラボモデル。グレードアップを繰り返しリリースされ続けている定番品だ。
海やキャンプにいくなら、バッグを開けずにスマホが使えて貴重品も濡らさない画期的な防水サコッシュ「bitplay・AquaSeal」がおすすめ!
「uka(ウカ)」から、「uka オーガニックハンドジェル」が登場。爽快な使い心地と持ち歩くのにちょうどいいサイズ感が特徴です!
スピーカーとスマホの充電機能を搭載した多機能テーブル「スマートテーブルZ9」が応援購入サービス「Makuake」で予約を受け付けている。
「FREITAG」が11月14日に発売した新作は、無駄に大きいトートバッグと小さなサコッシュがセットになった「F729 EXTRA+LARGE」だ。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
1月16日から、スイスのバッグブランド「FREITAG」が新作となる「F660 JIMMY」の販売を開始した。
ニューヨーク発のバッグブランド「LeSportsac(レスポートサック)」から、ペットボトルでできたリサイクル糸を使用したバッグが登場。
「株式会社京都紋付」から、リウェアブランド「K」がデビュー。究極の黒に染め上げる「黒染めサービス」でお気に入りの服が美しく生まれ変わる。
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
正直、あまり期待せずに、“夏にプールやビーチでスマホ入れに使えそう”と思ってポチッてみたら、これがなかなか。
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉による巾着タイプのバッグ。上部はパラフィンを染み込ませたのコットン、下部は馬革という贅沢な作りは、ユニセ...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...