インダストリアルな最高級「蚊とり線香」が「FreshService」から登場

「日比谷セントラルマーケット」「Graphpaper」など、さまざまなショップやブランドのディレクションを手掛けるクリエイティブディレクター・南貴之氏

彼が世界中で作られているものを独自の視点で再構築し、新たな製品として提案するプロジェクト「FreshService」から、日本の夏の風物詩である蚊とり線香が登場した。

「MOSQUITO COIL」は、明治43年創業の「紀陽除虫菊」と協業して製作された最高級の逸品だ。

マットな塗装のスチール缶は、茶葉や洋菓子の缶容器を手掛ける京都の老舗製缶メーカーにて製作。密閉性が高く、スタッキングもできる。

ドッグタグをイメージした線香立てが付属し、インダストリアルなムードを醸し出す。昔ながらの蚊とり線香というアイテムを、現代的に、カッコよく昇華させる手腕はさすがの一言だ。

ホワイトとブラックの2色展開で、缶、線香立て、蚊取り線香(10巻)のセット。価格は3300円(税込)

ブランドの公式オンラインストアではすでに売り切れだが、ZOZOTOWNのほか、まだ在庫のあるショップもちらほら。どうしても欲しいという人は検索を!

©FreshService headquarters
©FreshService headquarters
©FreshService headquarters
Top image: © FreshService headquarters
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「花王」が、特定のオイルを塗ることによって蚊の嫌いな肌表面を作り出し、蚊に刺されることを防ぐ新技術を開発した。
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
「FreshService」から「TOKAI」とコラボレーションしたチャッカマンが発売。
「虫刺されにキンカン」でおなじみ「金冠堂」が、蚊に刺されてしまった不運な人を救済する、虫刺され史上初の大胆なキャンペーンに打って出た。
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
昨年、紹介したところ大きな反響があった「Anti-mosquito Tee」が、今年も登場。もはや定番と言っていいと思う。
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。