インダストリアルな最高級「蚊とり線香」が「FreshService」から登場

「日比谷セントラルマーケット」「Graphpaper」など、さまざまなショップやブランドのディレクションを手掛けるクリエイティブディレクター・南貴之氏

彼が世界中で作られているものを独自の視点で再構築し、新たな製品として提案するプロジェクト「FreshService」から、日本の夏の風物詩である蚊とり線香が登場した。

「MOSQUITO COIL」は、明治43年創業の「紀陽除虫菊」と協業して製作された最高級の逸品だ。

マットな塗装のスチール缶は、茶葉や洋菓子の缶容器を手掛ける京都の老舗製缶メーカーにて製作。密閉性が高く、スタッキングもできる。

ドッグタグをイメージした線香立てが付属し、インダストリアルなムードを醸し出す。昔ながらの蚊とり線香というアイテムを、現代的に、カッコよく昇華させる手腕はさすがの一言だ。

ホワイトとブラックの2色展開で、缶、線香立て、蚊取り線香(10巻)のセット。価格は3300円(税込)

ブランドの公式オンラインストアではすでに売り切れだが、ZOZOTOWNのほか、まだ在庫のあるショップもちらほら。どうしても欲しいという人は検索を!

©FreshService headquarters
©FreshService headquarters
©FreshService headquarters
Top image: © FreshService headquarters
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「花王」が、特定のオイルを塗ることによって蚊の嫌いな肌表面を作り出し、蚊に刺されることを防ぐ新技術を開発した。
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
「FreshService」から「TOKAI」とコラボレーションしたチャッカマンが発売。
「虫刺されにキンカン」でおなじみ「金冠堂」が、蚊に刺されてしまった不運な人を救済する、虫刺され史上初の大胆なキャンペーンに打って出た。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
昨年、紹介したところ大きな反響があった「Anti-mosquito Tee」が、今年も登場。もはや定番と言っていいと思う。
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
蚊に刺されたくないこの季節。虫よけは植物がおすすめなんです。植物(主にハーブ)には、蚊を寄せ付けないものがあります。ナチュラリストのKirsten Cow...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
本気で使えるサコッシュを紹介。1つ目はFreshServiceのSACOCHE。
夏の楽しい思い出とともに付いて回るのが「蚊」の存在です。キャンプに行ってもフェスに行っても、なんだか知らないけど、自分ばかり刺される……。そんな人はいませ...
地球上で最も人間を多く殺す、世界一危険な生物として認識されているのが何を隠そう「蚊」なのだ。人間の開発する対策技術も飛躍的に向上するのは必然と言える。ここ...
「なんで私だけこんなに刺されるの?他の皆は全然刺されてないのに!」と思っている人、多いかも。「Mental Floss」の記事によると、実際に約20%の人...
なぜ蚊が寄ってくるんだろうという疑問への答えを「New York Magazine」の動画が紹介しています。外で遊ぶ機会も増えることだし。なんだかいつも自...
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
むしむしジメジメの梅雨モード。と同時に急増するのがかゆ〜いアイツ。蚊よけグッズは何を使ってる?昔ながらの蚊取り線香は、夏の風物詩としても◎。キャンドルタイ...
周りには大勢の人がいるのに、なぜか自分にだけ蚊が近寄ってくる。そんなストレスフルな状況とおさらばできる、画期的なTシャツを紹介。おかげで、これからのキャン...
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...
テンダーヨホホ研究所主宰泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2015年のテーマは弓矢と足跡...
テラスで食事をするのに心地よい気温がもうすぐやってきますね。クーラーの下で食べていたおうちごはんも、ベランダやバルコニーで秋の風を感じながら食べるのとでは...
チェコのフェス「Colours of Ostrava」。特筆すべきはその会場です。以前、鉱山や製鉄所があった場所なので、辺りには鉄骨がむき出しになった無骨...
7つの国の最高級コーヒーを“日めくり”感覚で味わえる「himekuriコーヒー」が「Makuake」に登場。
虫に刺された後のかゆみを熱と振動で癒してしまうという魔法のようなデバイスが登場。スイッチを入れると、じんわり熱と振動が発生。あ、もちろん熱といってもデリケ...
アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するフランス人デザイナーJulien Fesquetさんが、「ロールス・ロイス」の最高級モデル「スウェプテイル」をもとに...
猫がイイ気分になるだけじゃなかった!「マタタビ」の意外な有効性を岩手大学などのチームが発見し、アメリカの科学雑誌「Science Advances」にて公...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
いつまで待っていても、この画像はボヤけたまま。なぜならこれは、SNSの画像がダウンロードされる瞬間を描いた絵画だから。こちらを描いたのは美術家・市川孝典。...
世界最高額のアイスクリームその名も「ブラック・ダイヤモンド」ドバイにあるカフェ「Scoopi Cafe 」が、世界一高級なアイスクリーム「ブラック・ダイヤ...