「蚊」に好かれるのはこんな人?(動画あり)

なぜ蚊が寄ってくるんだろうという疑問への答えを「New York Magazine」の動画が紹介しています。

外で遊ぶ機会も増えることだし。なんだかいつも自分ばっかり刺されるなあ…なんて人は参考にしてみるといいかも。

蚊が探知するのは
「二酸化炭素」説

動画の説明によれば、血を吸うのはメスの蚊。動物が排出する「二酸化炭素」を感知する神経細胞があるそうです。 

つまり、ターゲットになりやすいのは、体の大きな人、活動的な人、エクササイズをしている人など、二酸化炭素をより多く吐き出している人とのこと。

「O型が刺されやすい」説

どうやら寄ってくる原因は、二酸化炭素だけではないようです。動画内では、ある調査でA型よりもO型の血液を好んで吸うことが分かってるとの説明が。

よく蚊に刺される人に向かって「あなたの血は甘いんじゃないの?」なんて冗談をいいますが、好みの味という意味ではあながち間違ってないのかもしれません。

ビール好きは要注意?

暑い夏のバーベキューで飲む冷えたビールは最高!でも、じつは蚊はビールを飲んだ人の血が大好きなのだとか。そもそもビール自体が蚊の好物だという説まで…。

蚊を寄せ付けないために、
できることはなんだろう…。

上の動画を見ると「シトロネラのお香」が効果的だと言われていますね。シトロネラにはシトロネラールという蚊が嫌う成分が入っており、レモングラスをさらに強烈にしたような匂いがするとのこと。

そのほか、蚊取り線香や防虫クリームなどもありますが、こんな方法も紹介されています。

・外出の際、特に運動時には肌の露出を避けるラッシュガードなどを着る
・汗をかいたらすぐ拭き取る
・バーベキュー時のビールの飲み残しを近くに放置しない
・むしろビールでトラップを作って蚊を寄せ付けておく

バッチリ対策してから今年のアウトドアシーズンを満喫したいですね。

Licensed material used with permission by New York Magazine