この道具には「一人暮らしのコーヒー好き」に嬉しい仕掛けが隠されている。

一年くらい前から、朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。一年経って思うのは、一人暮らしで一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、陶器じゃなくて金属のドリッパーにすればペーパーフィルターを買い置きしなくて済んだなってこと。もし私がもう一度コーヒー道具を買い揃えるなら、KINTOの「FARO」のコーヒードリッパーとマグだけは絶対に買いたいって思います。

ペーパーフィルターも計量スプーンも必要なし!

「FARO」のコーヒードリッパーとマグには、一人分のコーヒーを淹れるときに嬉しい仕掛けが隠されています。

ドリッパーにはステンレスフィルターが内蔵。これでペーパーフィルターの買い置きを心配しなくて大丈夫です。

そして、ドリッパーの内側にある2本のラインにご注目を。下は、コーヒー1杯分の粉の量の目安線。このドリッパーさえあれば、計量スプーンを用意する必要はありません。

そして上は、お湯の量の目安になる線。コーヒー粉を少量のお湯で30秒ほど蒸らしたら、上の目盛りまでお湯を注げば、ちょうどカップ1杯分がドリップされるって仕組みです。コーヒー好きには邪道かと思いますが、湯沸しポットで内側の線までお湯を注ぐ...なんてカップラーメンのような感覚でも淹れられます。

マグとドリッパーの口径が同じなので、見た目がスッキリしていて、重ねて持ち上げてもグラグラしません。

マグとドリッパーは、セットで3000円(税抜き)。実は陶磁器の産地が波佐見だったり、KINTOの商品って機能・価格・デザインのバランスが普段使いにちょうどいいんですよね。

他にも保温性に優れたサーモカップやサーバーなんかもあるみたいです。ちょこちょこ買い足していくと、メーカーがバラバラで並べた時の統一感がなくなってしまうので、KINTOで一式揃えちゃうっていうのもいいかもです。

Licensed material used with permission byKINTO
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
近年じわじわと増えつつある、グミ系お菓子のヴィーガン化。なんと、かの有名なお菓子メーカー「Jelly Belly」もヴィーガン対応商品の発売を開始!
「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が月額5000円(税込)で“服を永く着るため”のサブスプリクションサービスを今月12日(火)からスタート。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
定期通販サービス「Omame」は、好きな朝食メニューをもとに、好きな味を分析し、理想のコーヒーを提案するサービス。コーヒーへのこだわりも並ではなく、本当に...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
屋外ドリップやキャンプでのコーヒー時間を充実させる「ドリッパースタンド」が「Makuake」で販売中。
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。