この道具には「一人暮らしのコーヒー好き」に嬉しい仕掛けが隠されている。

一年くらい前から、朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。一年経って思うのは、一人暮らしで一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、陶器じゃなくて金属のドリッパーにすればペーパーフィルターを買い置きしなくて済んだなってこと。もし私がもう一度コーヒー道具を買い揃えるなら、KINTOの「FARO」のコーヒードリッパーとマグだけは絶対に買いたいって思います。

ペーパーフィルターも計量スプーンも必要なし!

6161746175721472

「FARO」のコーヒードリッパーとマグには、一人分のコーヒーを淹れるときに嬉しい仕掛けが隠されています。

ドリッパーにはステンレスフィルターが内蔵。これでペーパーフィルターの買い置きを心配しなくて大丈夫です。

4747646312906752

そして、ドリッパーの内側にある2本のラインにご注目を。下は、コーヒー1杯分の粉の量の目安線。このドリッパーさえあれば、計量スプーンを用意する必要はありません。

そして上は、お湯の量の目安になる線。コーヒー粉を少量のお湯で30秒ほど蒸らしたら、上の目盛りまでお湯を注げば、ちょうどカップ1杯分がドリップされるって仕組みです。コーヒー好きには邪道かと思いますが、湯沸しポットで内側の線までお湯を注ぐ...なんてカップラーメンのような感覚でも淹れられます。

56840655502049285907559005290496

マグとドリッパーの口径が同じなので、見た目がスッキリしていて、重ねて持ち上げてもグラグラしません。

4596152213176320

マグとドリッパーは、セットで3000円。実は陶磁器の産地が波佐見だったり、KINTOの商品って機能・価格・デザインのバランスが普段使いにちょうどいいんですよね。

他にも保温性に優れたサーモカップやサーバーなんかもあるみたいです。ちょこちょこ買い足していくと、メーカーがバラバラで並べた時の統一感がなくなってしまうので、KINTOで一式揃えちゃうっていうのもいいかもです。

6717446559891456
Licensed material used with permission byKINTO
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...