タイセツな何かを忘れそうなアナタへ贈る「虹色ラムネ」

つかの間のゲリラ豪雨も最近では夏の風物詩。ドバッと降ってサッとあがる。あとにはきれいに虹がかかったりして。

ところがこの虹、地域や部族によっては「なないろ(7色)」ではなく、8色5色3色と捉え方はバラバラだというからおもしろい。ちなみにアメリカは6色だそう。

さて、前置きが長くなったが「ヴィレッジヴァンガード」がオンラインストアで虹色をしたラムネの予約販売をスタートした。

アップル、レモン、ハワイアンブルー、メロン、グレープ、オレンジの6本セットは1800円(税込)。早ければ9月上旬には届くという。

主に野菜や花から抽出した天然色素(赤キャベツ、紅花、クチナシなど)で着色したラムネ。おもしろいのは、天然色素のため光にあたると徐々に色素が抜けていってしまう点

これをネガティブに捉えてしまうのは早計。色が抜けたら単なるラムネ?いえいえ。少しずつ消えていく、まるで本物の虹のように風情があるじゃないか。な〜んて、飲む側の感性を刺激するようでわるくない。

ヴィレヴァンのPOP風にいうならば……

「本当にタイセツな何かを 忘れそうなアナタへ。」かな(笑)

©ヴィレッジヴァンガード

『虹色ラムネ』

【購入ページ】https://vvstore.jp/i/vv_000000000213585/

Top image: © ヴィレッジヴァンガード
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
プロテインブランド「マッスルフィット」シリーズに「森永ラムネ」とコラボした粉末プロテイン「マッスルフィットプロテイン森永ラムネ味」が登場。
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
イングランドの空に変わった虹が出たと言うから、どんな形をしているのだろうと調べてみたら、変わっているのは形じゃなくて色。見ての通り、夕空を背景にした淡い紅...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。タイのセブンは、本当にコンビニエンス(便利)!食べ物やお菓子が安くて美味...
ある研究者たちは「表面が虹色に光るチョコ」の開発に成功した。注目すべきは、虹色はコーティングではなく、特殊な「掘り込み」によって実現されている点。詳しくは...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第二弾は千葉・九十九里の工房で作られる「虹色風鈴」。ロマンチックな見た目は、ガラスに施された...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。