マスクが苦手なら、この「マスク」を。
だから、デスクにはこれがかかせない

 

花粉症の味方はマスク。だけどそれはときに肌の敵。長年、どんなにつらくても「マスクはしない」がマイ・ポリシーでした。スキンケアに力を入れていたって、1日中、化学繊維の布で肌を覆っている状況ってどう考えてもよくない。摩擦して肌の水分吸い上げられちゃってよくない。枯渇の果て待つのは、忌々しき肌荒れ(本末転倒!)。

だから、デスクにはこれがかかせない。

肌触りにこだわった、表面が100パーセント・オーガニックコットンのマスク。外出があるとき、デスクに常備してすぐに取り出せるようにしておきたい。5枚1セットでかさばらないし、「マスクです!」っていう主張の強いパッケージじゃないから、そのままクリアファイルに挟んで書類スタンドに忍ばせます。いつでもさっと、さりげなく。オフィスではこれが大事。

効果については、いろーんな事情によりここでハッキリとしたことは言えないけど、「やわらかで、肌触りがいい」というのは、頑なに掲げてきたマイ・ポリシーをあっさりと脱がせてくれました。これでやっと、ほんとの意味でマスクが花粉症の味方になってくれたよ!……っていう話に留めさせてください。

 

マスク〈シシフィーユ〉:540円(税込)

表面シートにオーガニックコットンを100%使用したやわらかな肌触りの使い切りマスク(オーガニックコットンの使い切りマスクは、なんと業界初なのだとか!)。化学繊維のマスクが肌に合わない、においが気になるという人におすすめ。フェイスラインがすっきり見えるようにデザインされたサイズ感も推しポイント。

Top image: © 2019 TABI LABO

おすすめ記事

関連する記事

花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
首に掛けるだけで空気環境を改善してくれる「携帯式の空気清浄機」をご紹介。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...