好みに合わせて「カスタム染色」できる、小鳥のオブジェ。

「春」と聞いて、どんな色を思い浮かべますか?爽やかな空の色だったり、可愛らしいお花の色だったり。イメージは人それぞれではないでしょうか。

メキシコのデザイナーMoisés Hernández さんが手がけた小鳥の彫刻は、そんな十人十色の「春色」を、自分の手で作り出すことができます。

あなただけの
「春色」に染め上げて。

この木製の彫刻は、水に浸すと、木本来の力で液体を吸い上げます。

その水に色をつけておけば、自然に彫刻が染まっていくという仕組み。

複数の色彩を別の場所から吸わせれば、色が交差して複雑なカラーリングになります。

色の濃淡は、オブジェを水に浸す時間の長さで変わります。

色の組み合わせや濃さをカスタマイズすることで、世界にたった一つだけの作品になるのです。

「鳥」をモチーフを
選んだ理由

Hernándezさんは、鳥をモチーフに選んだ理由を、羽根の色彩の豊かさに惹かれたから、だと語ります。

彼がサンプルで染めたオブジェの色は、鮮やかなクチバシを持つオオハシ類や、小さな体に色とりどりの羽根をまとうハチドリなどを参考にしたそう。

軽やかなさえずりが
聞こえてきそう

木そのものが持つ力で鮮やかに染め上げられた姿が、なんとも魅力的なこの木彫り。

残念ながら発売はされていないようですが、もし手に入れることができたら、染色にチャレンジしてみたいですよね。それぞれの「春色」を比べてみるのも、楽しそうです。

Licensed material used with permission by Moisés Hernández Design Studio
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
どんだけ仲良しなんだよ!そう、ツッコミを入れたくなるほど息がぴったりなボス猫と小鳥がいる。いいコンビだよなぁ。小鳥はヒッチハイクしてルンルンだし、ボス猫も...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。
「本当の春」までは、あともうすこし。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
キャビンアテンダントが機内食や飲み物を運んでくる際に使用する、あの「機内用トロリー」が、意外に使い勝手がいいらしい。タフな外見をオシャレにカスタマイズでき...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
インテリアにこだわった部屋に住んでいても、なかなか統一感を出すのが難しい「ペットのお家」。そこそこ部屋の目立つところに置くことになるのに、そこだけ浮いてし...
子どもの知能は、どうやって決まるのでしょうか。遺伝的には両親ふたりから受け継ぐと考えられていましたが、最新の研究ではなんと、母親の影響のほうがずっと強い可...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...