もはや世界レベル!広がるプラスチック製品禁止の動き

8月10日、ニュージーランド政府は使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。今後、一年かけて段階的に使用を減らしていくそうです。

また、ドミニカ国もプラスチック製品や発泡スチロール製の食品容器の使用を禁止する方針を発表。

そしてついに日本でも、すかいらーくホールディングスが、2020年までに全店舗でプラスチック製ストローの使用を廃止することを決めました。

環境を汚染するとして問題となっているプラスチック製品。禁止する国や地域、企業が近年増えていますが、この動きは今後もさらに広がっていきそうです。

Top image: © TABI LABO, iStock.com/phanasitti
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
中国の国家発展改革委員会が発表した報告書によると、2020年末までに主要都市でのビニール袋の使用を禁止。25年末までには中国全土で使用が禁止されるという。
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
本記事では、キスの仕方を「フレンチ」「ディープ」「ユニーク」の3種類に分けてまとめています。また、キスの仕方によっては、相手の気分が下がるキス、逆に気分が...
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
ニュージーランドの観光地「ベイ・オブ・アイランズ」でバンドウイルカとの遊泳が禁止となった。理由は「人間がイルカを愛しすぎた」から......。
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
岐阜県大垣市の伝統工芸品である枡を作り続けて70年の「大橋量器」が販売を始めたのが、ヒノキの香りでストレスを緩和させる新感覚マスク「hinoki MASU...
日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...